ライブ配信 プラットフォーム 比較 41

【19製品掲載!】動画配信プラットフォームとは?機能や用語、導入のメリットを解説。Vimeo、ブライトコーブ VIDEO CLOUDなど人気製品のレビューや無料製品ランキングの紹介。掲載製品は価格、特徴、顧客満足度で詳細に比較可能!業種・規模別にいま選ばれている製品は何か? それをご自身のWebサイトのソースに埋め込んで頂ければOK、とこんなにカンタン。 ( ログアウト /  多岐にわたる、お客さまと視聴者のことを考えた、便利な機能がいっぱいです。 「動画配信システムは、機能が多くて比較しづらい…」 ・360°VR動画:360°VR動画もVODにてストリーミング配信できます。, admintTV・admintTV Bizが特に強い部分です。 「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」, マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。, ボクシルとボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト・高効率・最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。, また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。, 記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。. 2021年に向けて一押しのライブ配信アプリを徹底的に比較。オススメのライブ配信アプリはどれ?アプリ別で特徴ってあるの?始めたいけど、どのアプリが稼げるの?などに答えた記事です。 確認方法は、動画配信業者さんに電話やメールで問い合わせをしてみるのが一番。スタッフの丁寧さや知識の豊富さを、まずは各社に問い合わせて比較。それから、打ち合わせをして詳しい説明を受けるというのが、動画配信を始めるための安心な道のりと言えるでしょう。, 弊社でも、お問い合わせはメールでもお電話でも受付しております。気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。, DRMの項目でも触れましたが、弊社デジタルクルーズでも動画配信システムadmintTV(アドミントTV)とadmintTVに動画コンテンツ販売を可能とする、ポータル構築機能が搭載されたadmintTV Biz(アドミントTVビズ)を提供しております。弊社の各システムは、世界標準の最新機能を搭載する動画配信システムでありながら、業界平均よりも低価格。そんなadmintTVとadmintTV Bizに搭載されている機能をご紹介させていただきます。, admintTVにはたくさんの機能があります。ここではそのいくつかを簡単に紹介しましょう。, ユーザーが動画を観るにあたっての便利な機能を一部ご紹介します。 動画配信システムの導入事例をもっと見る, 初めて動画配信システムを導入するにあたっては、「気づけば不明な点がたくさんある…」「うまく動画配信ができるのか、手順が複雑だったら…」と不安に感じる方もいらっしゃると思います。 さまざまなライブ動画配信 ... ている台湾や中国のリスナーが多いため、得られる報酬が他のライブ配信アプリに比べて比較的高い傾向がある。 配信 ... ゲームに特化したライブ配信プラットフォーム。 最後に、その導入事例を簡単にご紹介しましょう。, admintTVのライブ配信機能でセミナーを実施した事例です。遠方にいるため会場に来られない方にも、スマートフォンやパソコンで同じ情報を提供することに成功しました。, 大手不動産サイトだと、全国に物件をお持ちです。admintTVのプラットフォームを活用することで、全国のお客様へどこでもお部屋の様子を動画でより分かりやすくお伝えすることが可能になりました。, 導入事例に関しては、これ以外にも随時追加していっております。詳しくは導入事例一覧からこちらでご確認ください。 ・視聴分析:動画コンテンツの再生回数、視聴時間などを解析できるので、今後の対策の参考にできます。 チケット販売一体型ライブ配信プラットフォーム比較 8社のサービス内容の徹底比較と選び方 まとめ一覧 コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年2月頃からライブ、エンタメ関連のイベントが中止や延期となり、YouTubeなどでの無観客での無料配信がスタートしたのが3月上旬。 ライブ配信の配信経験も若年層ほど高い傾向があるものの30代、40代はほぼ同程度。15-19歳の29.3%がこの1年間 に配信している。過去の配信経験者を加えると35.7%が配信経験を有する。 ライブ配信の視聴状況 ライブ配信の配信状況 ( admintTVのプラットフォームを経由する際DRMにも対応し、自動的に観る人の視聴環境に合わせた配信(マルチデバイス視聴可能)となるわけです。, 今回ご紹介したadmintTV・admintTV Bizは、導入事例もたくさんございます。 ・HTML5 Player:プラグイン無しでブラウザ上で動画を観ることができます。, 動画コンテンツ配信をされるお客様にとって便利な機能です。 ( ログアウト /  2021年に向けて一押しのライブ配信アプリを徹底的に比較。オススメのライブ配信アプリはどれ?アプリ別で特徴ってあるの?始めたいけど、どのアプリが稼げるの?などに答えた記事です。 というあなたには、サービス資料や選び方ガイドがおすすめです。, 動画配信システムのサービスを比較したい方は「サービス資料」を、動画配信システムでできることや導入のメリットを知りたい方は「選び方ガイド」を無料でチェックしてはいかがでしょうか。, 動画配信システムとは、Webを利用して画像や映像コンテンツを配信できるサービスです。, YouTubeをはじめとする無料動画配信サービスが広く浸透していますが、企業が従業員へ動画コンテンツを共有したい場合などはセキュリティ面で不安が伴います。そこで社員研修、あるいはウェビナー(Webセミナー)向けに注目を集めているのが、法人用の動画・映像配信システムです。セキュリティレベルが高く情報漏えいに配慮されているため、社内研修や秘匿性の高い内容を共有する際に活用されているケースが多くみられます。, 法人向け動画配信システムが必要とされる背景には、無料プラットフォームの浸透が挙げられます。また専用ソフトを使わなくても簡単に動画を作成し配信できるようになり、あらゆる場面で「動画配信」が活用されるようになりました。, 企業においても動画活用が浸透しており、例えば文書マニュアルによる研修より動画のほうが理解しやすく短時間で情報伝達ができるため、情報共有の最適化に動画が必要とされています。さらに、テレビ会議や全社集会などで事前に録画したビデオメッセージを再生したり、ライブ配信によるセミナーを行ったりする機会も増えました。, 企業利用ではより厳格なセキュリティ、細かい権限管理機能、柔軟な運用に耐えうる機能が求められるため、法人向けの映像配信サービスが必要となるのです。, 動画配信サービスの配信方法は、「ストリーミング」方式と「ライブ」方式の2種類にわかれます。, ストリーミング配信は、あらかじめアップロードしておいた動画を専用サーバー上で再生しながら視聴する方法。かつてはWindowsやLinuxでサーバーを構築する方法もみられましたが、クラウドサービスの普及により、サービスのクラウドサーバーを利用する企業が増えました。, 一方ライブ配信は、映像をリアルタイムに配信し、視聴する方法。オンラインセミナーや会議で利用されます。YouTube、インスタグラム、ツイッターといったSNSのライブ配信機能をイメージすると、わかりやすいでしょう。チャットやコメント機能と併用して双方向でコミュニケーションをとれるのが大きなメリットです。, 動画配信の仕組みは単純な動画視聴に限らず、企業活動のさまざまな分野で利用されています。, デジタルサイネージは、商業施設や交通機関、道路上の看板などで電子機器を使って情報を発信するシステムのこと。状況にあわせて配信内容を変更できるほか、センサーやスマートフォンと連動した活用も進んでいます。, デジタルサイネージ広告の市場規模は2019年で749億円、2023年には1.7倍の1,248億円へ成長すると予想されています(※)。, ※CCI(CARTA HOLDINGS)およびデジタルインファクト調べ、2019年11月発表, 時間と場所を選ばずどこにいても学習できるeラーニングは、動画・コンテンツ配信システムと非常に相性が良いです。リモートワークやテレワークをはじめとした多様な働き方の進む現代では、配信サービスが欠かせません。また、紙で資料を作成する手間やコストの削減にもつながります。, 動画配信システム、動画共有サービスを選ぶ際は次のポイントを比較するとよいでしょう。, 無料の動画・コンテンツ配信サービスはコストをかけずにすぐ利用できるというメリットがありますが、閲覧者の細かい指定が困難だったり、セキュリティ担当者のコントロールが及ばなかったりとセキュリティレベルが低く、最適なツールとはいえません。, 一方、有料の法人向け動画配信システムはセキュリティレベルが高いだけでなく高品質・高画質。さらに、閲覧済みユーザーの把握、視聴後のテスト受験ができるサービスもあり、人事管理面での機能が充実しています。内部情報共有で利用する際は、安全性や品質に配慮された有料の動画・コンテンツ配信サービスをおすすめします。, 動画配信システムには、オンプレミス型システムとクラウド型システムがあります。オンプレミス型にはセキュリティ面の強さやカスタマイズ性が高いなどのメリットがあり、クラウド型には導入コストの削減やストレージの拡張性が高いなどのメリットがあります。, どちらのタイプにもさまざまなメリットがあるので、自社に合うのはどっちのタイプか検討してから導入するサービスを選ぶといいでしょう。, オンプレミス型とクラウド型の違いについて詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。, 動画配信システムはAPIを公開しているシステムも多く、他の利用しているシステムとの連携を考える場合、APIの種類を確認しておくことが重要になります。, サービスによっては新しくAPIを開発、提供してくれることもあるので、気になる動画配信システムがあれば一度問い合わせてみるといいでしょう。, システムサポートの充実さは、契約する動画配信システムのプランによっても異なるので、導入を検討する前にサポート面でもサービスを比較することをおすすめします。, 専門のサポート部門はあるか、電話やメールでのフォロー体制は整っているかなど確認しましょう。, おすすめの企業向け有料動画・コンテンツ配信システムを紹介します。各サービスの特徴をまとめているので、 動画配信プラットフォームを比較する際の参考にしてください。, より詳しくサービスについて知りたい、比較したい方は無料でダウンロードできる資料をご覧ください。, 動画配信システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。各サービスの導入実績や特徴、よくある質問などまとめているので、ぜひ参考にしてください。サービス一覧はこちら, viaPlatzは、説明会や研修会、技術映像を従業員向けにストリーミング配信できる映像配信システムです。IPアドレス制限や、コンテンツごとの権限設定といった、細かいアクセス制限に対応。社内に向けた動画共有に適しています。, またブラウザで簡易編集ができるため、専門の編集ソフトはいりません。動画や静止画に書き込めるオプション機能もあり、ディスカッションしながらの技術伝承手段として活用できます。, tebiki(テビキ)は、スマートフォンで撮影した動画で簡単にマニュアルを作成、共有できる“現場向け”動画マニュアル作成システムです。音声認識で字幕を自動生成したり、○×矢印などの図形を追加したり、わかりやすいマニュアル動画が簡単に作れます。, 100か国語以上の言語に自動翻訳でき、外国人スタッフへも手間なく教育可能。またクラウド型サービスのため、場所を問わず端末でマニュアルを利用できます。閲覧管理やアクセス分析機能といった管理機能も充実しています。, MediaPack(メディアパック)は、動画配信に必要な機能をすべて含んだ、オールインワンパッケージの動画配信プラットフォームです。あらゆるデバイスに対応したレスポンシブデザインで、いつでもどこでも動画用の素材をアップロードできます。アップロードした素材は、PCやスマートフォン、タブレットなど各種端末に適した再生形式に自動変換されます。配信時の取り込みやコンテンツ保護といったエンコード作業の自動化も可能です。, クラストリームは、会社内や会員制など限定配信に特化した動画配信サービスです。1024GBの容量を確保しており、約3,000時間分の動画データを保存できます。, 視聴者を限定して配信可能で、研修や会員制のセミナーなどビジネスシーンにも活用できます。またアナログ録画機器への録画を抑止するウォーターマーク機能も搭載しています(特許取得済)。, Video Marketing Suiteは、ブライトコーブが提供する社内のあらゆる動画を一元管理できる、オールインワン型の動画配信サービスです。法人向けに特化したプレーヤーなので、意図しない転載や不正ダウンロードを防止する機能を備えています。, また、高速・高画質な動画配信により、ブランドイメージの向上が期待できます。動画のアップロード作業は非常に簡単で、あらゆる画面やデバイスで正常に機能するよう自動的に最適化してくれます。ユーザーごとに細かく権限を分けられるので、リスクマネジメントの観点からも安心して利用できます。, 3eLiveは、講演会配信に特化した動画配信システムです。講演会本番はもちろん、企画からプロモーションまでワンストップでサポート。, 低ビットレートでも高画質で配信できるので、テキストの多い講演会でも安心して配信可能。多地点中継できるから、拠点の離れた複数の講演者を招きたいときも、容易にスケジュールを立てられます。, ひかりクラウド スマートビデオは、NTT東日本が提供する動画配信プラットホームサービスです。社内研修やライブ配信などを手軽にできます。一種類の動画形式でアップロードするだけで、PCからスマートフォンまでのマルチデバイスに配信可能です。, ※毎月の利用状況に応じて1ヶ月単位での従量課金(動画配信:75円/1GB、ストレージ利用:150円/1GB、高速エンコード利用:10円/1分)

鹿ベンチ 肘掛け Diy, ニキビ ファンデーション 塗らない, スポンジケーキ 卵 砂糖 小麦粉, メルペイ 定額払い シミュレーション, 画像 4分割 Pc, Xperia カメラロール 移動, Premiere ダウングレード やり方, Mbc ドラマ 視聴方法, ニコ生 女性配信者 昔, 現在完了 結果 継続, Ipad クリスタ 3d素材 使い方, メディバン 線 ガタガタ, バス 定期 区間内 乗り降り, Bmx キッズ 16インチ, おかあさん といっしょ バージョン, Windows10 トースト通知 出ない, ビーフシチュー パスタ グラタン, Mac 軽くする 2020, C言語 Scanf & なぜ, Yahooメール フィルター 複数アドレス, パワーポイント スライド 位置, 洋画 名言 恋愛, タイ語 日本語 違い, から よし 味噌汁, なす ラザニア レシピ つくれ ぽ, 財布 メンズ 明るい色, Line Pc 写真 見れない, プロダクトキーが無効 なので この製品のライセンス認証は行えません, メルペイ 定額払い シミュレーション, Vba 英数字 半角 判定, インスタ映え 誕生日サプライズ 難波,