推敲 推す 敲く 違い 7

推すと敲くという小さな違いでも、優れた文章家は作品の質を高めるために頭を悩ますものなのです。杞憂の主人公・杞人の行動は戒めとして語られていますが、推敲の主人公賈島の行動は推奨行為として語られていることを覚えておきましょう。 したがって、「僧は推す」を「僧は敲く」に改めることは推敲ですが、「僧はお酢」を「僧は推す」に訂正するなら校正です。とはいえどちらの行為もとても重要ですから、みなさんも文章を作成する際にはぜひ校正と推敲をお忘れなく。. 推すと敲くという小さな違いでも、優れた文章家は作品の質を高めるために頭を悩ますものなのです。杞憂の主人公・杞人の行動は戒めとして語られていますが、推敲の主人公賈島の行動は推奨行為として語られていることを覚えておきましょう。, 推敲と似た言葉で「校正」というものがあります。辞書で校正を調べると「文字の誤りをくらべ正すこと」と記載されています。推敲と校正は「文章を見直して改める」という点が共通していますが、この2つの単語には明確な違いがあるのです。 注意すべきは、「推敲」があくまで文章に対する動作である点です。推敲の意味が「完成品の質を上げるためにブラッシュアップすること」だからといって「料理の味付けを推敲する」という使用法は誤りです。「推敲」が使えるのは文章に対してのみであることを覚えておきましょう。, 推敲という言葉にはこんな故事があります。唐の時代の中国に賈島(かとう)という人がいました。その当時の中国では、役人の職に就くためには科挙という試験を受けなければならかったので、賈島も首都・長安へ科挙のためにはるばるやってたのです。ロバに乗りながら詩を作っていると、「僧推月下門(僧は推す月下の門)」という句ができました。 得 二 僧推月下門之句 一 、欲 二 改 レ 推作 一レ 敲、引 レ 手作 二 推敲 之勢 一 、未 レ 決、不 レ 覚衝 二 大尹韓愈 一 。及具言。愈曰、敲字佳矣。遂並 レ 轡論 レ 詩久 レ 之。〔島(とう)、挙(きょ)に赴き京に至る。驢(ろ)に騎(の)りて詩を賦す。僧は推す月下の門の句を得たるも� そんな時、彼は「僧は推す月下の門」という句を思いつき、それを口ずさみました。 すると、「推す」のほかに「敲(たた)く」という語も思いついてしまい、どちらにするか迷ってしまいました。 そして、手綱をとるのも忘れ、手で門を押すまねをしたり、敲く真似をしたりしましたが、なか� 推敲は完成された文章の質を上げるために字句を改めることですが、校正はそもそもの字句や文章の誤りを正すことを指しています。誤字や脱字、文法の誤りなどを訂正するのが校正なんですね。 推敲という故事成語について。 「僧は敲く月下の門」という詩は元は「僧は推す月下の門」だったんですよね。 僧がこの詩を「僧は敲く月下の門」に改めようか迷っているときに、韓愈が「敲の字がよい」 … 「賈島赴挙至京、騎驢賦詩、得「僧推月下門」之句。欲改推作敲。引手作推敲之勢、未決。, 「賈島は都・長安にたどり着き、ロバに乗りながら詩を作っていた。すると「僧は推す月下の門」という句ができた。. ところが、よく考えてみると“推す(おす)”ではなく“敲く(たたく)”の方がいいような気もしてきます。実際に門を推したり敲いたりする仕草をしてみたものの、どちらがいいか決まりません。思案しているうちに、いつの間にか賈島は都の長官・韓愈(かんゆ)の行列に割り込んでしまっていました。 「推敲」という言葉は、文章や詩を作る場面に多く使われます。「推敲」とは、文章や詩を良くするために、何度も作り直したり、考えて苦心する」という意味です。 主には出版業界や、文章を書くことを生業としている人々の間で使われる言葉ですが、ビジネスシーンでも使われることはあります。 契 … つまり、一度書いた文章をじっくり見て考え、おかしなところや直したほうがいいところがないか探しながら直していく作業が「推敲」です。, どうしてこのような漢字が「文章を何度も練り直す」という持つようになったのでしょうか。, この本は中国の唐の時代の詩と詩にまつわる話などをまとめた本なのですが、この中に以下のような話が出てきます。, 唐の時代、科挙という官吏登用試験を受けるために、遠路はるばるやってきた人物がいました。, すると、「推す」のほかに「敲(たた)く」という語も思いついてしまい、どちらにするか迷ってしまいました。, そして、手綱をとるのも忘れ、手で門を押すまねをしたり、敲く真似をしたりしましたが、なかなか決まりませんでした。, 彼はあまりにも夢中になっていたので、向こうから役人の列がやってきたのにも気づきません。, 賈島が列に突っ込んでいってしまった理由を話すと、韓愈は怒ることもなく、「これは『敲く』のほうがいいだろう。月下に音を響かせる風情があっていい」とアドバイスしたのです。, 科挙は家柄や身分に関係なく誰でも受験できる公平な試験で、才能ある個人を発掘するのが目的でした。, ちなみに、「推敲中」とは、「推敲」をしている最中のことで、「推敲を重ねる」とは長い時間をかけて試行錯誤して「推敲」を行うことを表します。, 「推敲」と「校正」「校閲」は「文章を改善する」という意味は同じなのですが、作業する人が異なるのです。, また、「推敲」が主に内容の変更を行う作業なのに対して、「校正」「校閲」は主に内容には関係のない間違いを正す作業です。, work on one’s manuscript to improve the wordingなど. 杞憂の場合は「する必要のない心配をした」というのが物語の本質ですが、推敲の場合は違います。実際に賈島の作った句の光景を思い浮かべてみてください。人気のない、しんと静まり返った通りで、門の前に立つ僧を月光が照らし出しています。僧が門を“敲く”と静寂と月光の中にその音が響き渡りますが、“推す”ではそうはなりません。 ©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved. 「推敲」は<すいこう>と読みます。意味は「文章を作るとき、最適の字句や表現を求めて考え練り上げること」となります。元々は、「詩文」に使われていた言葉でした。「推敲」とは一度書き上げた文章を読み直して、字句や表現をさらにより良くするために直していく作業のことです。 「ちょっとキミ、これ推敲して!」なんて突然上司や先生から言われたら、みなさんはどうしますか?本記事では今さら聞けない推敲の意味や使い方、校正との明確な違いなどを、推敲という言葉の成り立ちを踏まえつつわかりやすくご紹介します。, 出典: https://pixabay.com/ja/photo-1209121/, みなさんは推敲という言葉を聞いたことがありますか?推敲と書いて「すいこう」と読みます。辞書を開くと、推敲の項には「詩文を作るのに字句をさまざまに考え練ること」と記載されています。 推敲の由来 は 唐の詩人の賈島(かとう)が、自作の句の表現について、「推す」を「敲く」どちらにするかどうか迷っていたら、名文家である韓愈の行列につっこんでしまった。 ところが、韓愈は怒るどころか、「敲く」の方が良いよ助言をしてくれた。 という話から生まれたことわざです。 平たく言うと、文章を作成する際に「どちらの単語を使おうか」とか「ここは漢字よりひらがながいいかな」などと、完成品がよりよいものとなるよう考えを巡らせることですね。, 推敲は名詞ですが、語尾に「する」をつけることで動詞に変わります。例えば「書き終わった文章を推敲する」などといった使い方ができます。 「推敲」という言葉の意味を知っていますか?今回は「推敲」の意味や読み方、使い方や例文などについて解説します。由来となった故事の漢文訳や「推敲の敲とは何なのか?」という疑問にもお答えします。類語や「推敲する」「推敲を重ねる」という言葉にも触れていますので、ぜひ参考にしてください。, 「推敲」という漢字は「敲」の字に馴染みが薄いという方が多いようです。そのため、読み方に迷いやすいのですが、「推敲」は「すいこう」と読みます。, 何かを前に押し出すという意味の「推」に、物に衝撃を与える「たたく(敲く)」で「推敲(すいこう)」です。, 「推敲」という言葉は、文章や詩を作る場面に多く使われます。「推敲」とは、文章や詩を良くするために、何度も作り直したり、考えて苦心する」という意味です。, 主には出版業界や、文章を書くことを生業としている人々の間で使われる言葉ですが、ビジネスシーンでも使われることはあります。, 契約書や企画書など、オフィシャルな場に提出する書類や、上司への報告書など身近な書面を正すことにも「推敲」が使われることはあるようです。, 「推敲」という言葉を見たときに、「敲」の字の意味が気になるという人は多いかもしれません。この「敲」には、「手や棒を使って、何かに衝撃を与える」という意味があります。, 一般的に「たたく」は「叩く」と書かれることが多いですが、どちらも「たたく」という意味では同じです。, ちなみに「叩く」は「たたく」の他に「はたく」とも読み、服についたホコリを叩く、有り金を叩く、などとも使いますが、「敲く」にはこのような使い方はありません。, 中国の唐の時代の故事や逸話を集めた「唐詩紀事(とうしきじ)」という書があります。この中に収められた、詩人「賈島(かとう)」の逸話が「推敲」の由来と言われています。, 詩人である賈島は、自分が書いた詩の中にある「僧は推す、月下の門」という部分を、「推す」より「敲く」の方が良いのではないか、と迷いながら歩いていました。すると前方を歩いていた「韓愈(かんゆ)」という、有名な詩人にぶつかってしまいます。賈島は韓愈に「推」と「敲」について相談し、韓愈から「敲が良い」と言われました。, この逸話のタイトルが「推敲」であり、逸話の内容から「文章をより良くしようと考え続けること」を「推敲」というようになったそうです。, しかし、「推」より「敲」という文字の方が良いのではないかと悩んだ。手を動かして、推す動作と敲く動作をしてみたもののまだ決まらない。すると韓愈の列に突っ込んでしまった。, 列に突っ込んでしまった理由を説明すると、韓愈は、「敲が良い。」と言った。そのまま二人は並んで詩についてしばらく論じた。」, 「推敲」は名詞です。そのため「する」という動詞と合わせて使うことで、推敲の動作を表すことができます。, 「推敲する」の他にも「推敲している」で現在進行形、「推敲した」で過去形」、「推敲したい」で要望を表す、などさまざまな使い方をすることができます。, 「推敲」という言葉は名詞なので、「する」「した」などの動詞と合わせなければ意味が通じません。しかし「推敲中」「推敲力」など、「中」や「力」と一緒に使うことで、別の言葉として独立させることができます。, 「推敲」という言葉は、それだけで「文章を何度も練り直す」という意味があります。しかし、その上で「推敲」よりも、もっと多くの練り直しを行った、または回数ではなく、大変苦心して文章を良くしようと努力した、という状況を表したい場合には「推敲を重ねる」という言い方をします。, 「推敲」と似た意味を持つ言葉はたくさんあります。中でも、日常で使いやすいのは「添削」「修正」などでしょう。, 「添削(てんさく)」とは「他人が書いた文章や回答などを加筆・修正すること」です。「推敲」は自分で書いた文章についても行えますが、「添削」は自分が書いた文章については使いません。しかし、文章を良くしようと練り直す、という意味では「推敲」と似た意味として使うことができます。, 「修正」は、日常でも比較的身近な言葉です。文章だけでなく、物体や映像・画像などさまざまな対象について、手直しをする様子を表します。「推敲」や「添削」に比べると、大枠での手直しを指すことが多く、不十分な要素を大きく取り込んだり、不要な部分を取り除いたりすることも「修正」に含まれます。, 「推敲」と似たシーンで使われる言葉に「校正(こうせい)」「校閲(こうえつ)」があります。どちらも出版関係で使われる言葉で、文章を良くするための行動です。, 「校正」とは、文章の中の文字の誤りや、脱字などをチェックして、修正することです。どんな文章も、誤字脱字があると読み手が内容を正しく把握することができません。そのため、文章が出来上がった後、まず最初に「校正」を行って、最低限の誤りを除き、書いてかることがきちんとわかる状態にします。, 「校閲」とは、文章の内容に誤りがないかを確認する作業です。内容の事実確認を行ったり、書いてあることに誤りや誤解されやすい表現がないかを探して修正します。「推敲」に比べると、論理的な作業で、言葉の誤りや文章力などに注目することはありません。あくまでも、その文章が「読者に読まれて問題がないものか」という視点で確認をします。, 「推敲」を英語で表すには、「rewrite(改めて再度書く)」を使うこともできますが、「推敲」が持つニュアンスとは多少異なります。, 「推敲」の意味をできるだけ英語に近づけたい場合は「polish the wording」が良いかもしれません。「polish」とは「磨く」という意味で、「polish the wording」は直訳すると「文章を磨く」となります。, 文章を磨くように、何度も練り上げるという意味で「polish the wording」を使うと、結果的に「推敲」と同じ意味を伝えることができます。, 「推敲」という言葉は、日頃文章を書かない方や、出版関係に携わっていない方にとっては、意味がわかりにくい言葉かもしれません。「推」と「敲」でなぜ「推敲」なのか、という由来の部分に目を向けると、「推敲」の意味や使い方がしっくりきやすいでしょう。ぜひこの機会に「推敲」を語彙に取り入れて、文章を書くときに思い出してみてください。. 例えば案じる必要のないことを心配するという意味の、杞憂という言葉がありますね。杞憂にも「杞(古代中国に存在した国)に、空が崩れ落ちてきたらどうしようと心配して食事も喉を通らなかった人がいた」という故事があります。 長官の行列を乱したことについて咎められた賈島は、これまでの経緯を説明します。すると韓愈は「それは敲くの方がよいだろう」とアドバイスしてくれました。彼は都の長官であると同時に、名文家でもあったのです。そのまま賈島と韓愈は、並んで騎乗したまましばらく詩について論じ合いました。, 推敲の故事は辞書などでは比較的簡素に説明されているため、読み手によっては「推すと敲くという、どちらでもよいことについて考えを巡らせている人がいた話」と受け取ることがあるかもしれません。

Vba シートコピー 変数, 大学 教科書 代 理系, エイデン アンドア ネイ 授乳ケープ 透ける, エブリイ ワゴン バックカメラ 配線, 亀梨 和 也 の奥さん, パンフレットスタンド 展開図 無料, セリア クレヨン 子供, 車両入替 所有 自動車, 白猫 ローリングショット できない, オーシャン アンド グラウンド スタイ, スマホ 電波強度 目安, 時計 色 合わせやすい レディース, アイリスオーヤマ メタルラック 実 店舗, 再婚 親戚 報告, イニスフリー 毛穴 引き締め, Ipad メール 削除できない, エクセル 複数シート 両面印刷 一括, スタバ 海外 フラペチーノ, 化学療法 副作用 看護, バイク フレーム 強度計算, Vba ボタン クリックさせる, あさひ 自転車 チャイルドシート 取り付け, 倒立フォーク オーバーホール 費用, ハムスター 砂浴び 食べる, Iphone ばいぶ ならない,