荘子 訳 おすすめ 6

ここ一年ほど、演習で『荘子』を読んでいる関係で、『荘子』の訳本を色々と見比べる機会が多くありました。もちろん、基本的には『荘子集釋』などから自分なりに訳を作っているのですが、どうにもしっくりこない場合、先人の意見を眺めてみるのも楽しいものです。 老子だけでなく、荘子の思想についても載っているので、2つを読み比べたり、どちらが自分にあっているか考えてみるのもいいでしょう。1冊で老荘思想を一度に理解できるおすすめの本です。 みんなのレビュー. Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. © 2020 レキシル(Rekisiru) All rights reserved. 孔子編に続いて。 今回は、キリスト教の3大宗派(カトリック、プロテスタント、正教会)の1つ、"ローマ・カトリック教会"... ジーザス、エブリワン!キートンです。 皆さんは、聖書を読んだことがありますか? 皆様は会社や学校の人間関係で疲れたり、仕事がうまくいなかくて落ち込んで悩んでいたりしていませんか。, 彼の名言の一つに「将ラズ、迎エズ、応ジテ而シテ蔵メズ(おくらず、むかえず、おうじてしかしておさめず」という言葉があります。この意味は「過去の事や未来の事を考えず、現在の事を精一杯取り組め」との意味です。, 荘子は素晴らしい名言を数多く残しているので、荘子の言葉や考えに触れることで、心が軽くなり悩み事が軽減にされるのではないかと思います。, そこで今回は「荘子」の事を分かりやすく解説しているおすすめの本6冊を紹介してきたいと思います。, この本は荘子が面白おかしく独創的な作り話で人間学を述べたり、彼の言葉が記載されている本です。更に荘子の言葉の意味や解説が紹介してあるので、中学生でも簡単に読むことができ、悩みを抱えて疲れてしまった方にオススメの一冊と言えるでしょう。, また荘子だけではなく老子の生涯と彼の考え方も記載してあるので、読みごたえもばっちりです。, 見開き右ページに原文、左ページに解説というスタイルで老子と荘子それぞれ50ずつの言葉が紹介されています。解説部分はかなり噛み砕いており、もう少し原文との間に繋ぎの説明が欲しいものが多かった印象。全体的には、あまり頑張りすぎない方がいい、緩やかに生きるのがいい、と説いてくれています。心が疲れたら読むといいかもしれませんね。, この本は原文、読み下し文、更に分かりやすく現代語訳、作者の解説が全て記載されているとてもわかりやすい本です。, そのため初心者でも読みやすいので、空いた時間に一度手に取って読んでみてはいかがでしょうか。, 荘子の言葉を現代語に訳してまとめている本。原文と書き下し文も併記されている。 全体を通じて、人間は自然の一部であり、名声、金銭、生き死にこだわるのはちっぽけな事だという事がよくよく伝わってくる。 説教臭い孔子や孟子の教えに比べると非常にまったりしており、興味深い対比。 実践できるかはともかくなかなか面白い考え方だと感じた。, この本は現代社会を真面目に生きている方に見て欲しい一冊で、地位や周りの人の評価で悩んで、心に溜まっているストレスを抱えている方に適した本です。, また興味のない活字を読んでいる眠くなってしまう人や活字を苦手にしている方も、マンガ形式で荘子のことを解説しているので、オススメできる一冊です。, 子編に続いて。『荘子』目当てで読んだのに、『老子』の方に魅了されてしまった。「有」は「無」あってこそ、という宇宙の原則から始まり、その世界観の中で人間が語られる。とにかくスケールが大きく、思想に包容力がある。しかもそれが深みのある名文で綴られる。後世へ多大な影響を与えた理由がわかる気がする。『荘子』もその一つなのだろうが、こちらは若干嫌味に感じられた。にしてもこのシリーズは入門書としていい。欄外に書き下し文があるので原文も味わえる。マンガだと難解な思想も随分親しみやすいものに。ほっこり系のイラストも◎。, 荘子が生きた時代から2000年以上経過した現在でも、彼の難解な文章を解説するのは難しいとされています。, 荘子の思想や彼の言い分についてもしっかりとまとまっていて、誰でも簡単に読めるので、荘子を初めて読む方にはおすすめの作品になっています。, タイトルには物語とありますが、荘子の生涯を語ったもではありません。荘子の言葉を、勉強臭くなく、分かり易く解説したものです。老子や孔子、その弟子たちも出てきます。「無限大からは見れば大小はない」という数学的な概念にも通じることを2千年前の荘子が考えていたことに感銘しました。しかし、荘子は観点がユニークで面白い言葉が多い。ちょっとどこまで本気で言っているのかと思うものもあるけど。2019年おすすめ本に棚に入れたした!, この本は何度も繰り返し読むことで、荘子の考えの理解が深まり、違う感動を味わうことができる一冊です。, 主な特徴としては荘子が書かれた時代背景から始まり、筆者自身が荘子の立場となって感想を述べているため、今までの荘子とは違った見方をすることができる名著です。, また昭和39年に初めて発刊された本ですが、そんな昔に発刊された本だとは感じさせず、読み進むことができます。, 荘子は春秋戦国時代の政治闘争が人を狂わせることを激しく認識していた。生者の世界は絶望、不自由、侵略、飢餓に満ちているのだ、と。彼の哲学はそんな悲惨な時代に「それでも生きていかなければならない」ということを前提に成り立っている。, だから、孔子など儒家とは異なり、相手が凡愚、小人であっても彼らが有意義に生きることを肯定し、人間のありのままを捉えようとした。, そんな彼が理想としたのは「真人」、「至人」という存在。何ものにも囚われない知恵は「真知」であり、それを会得した人間のこと。, 自分が、相手がどうであれ現状をありのままの形で受け止めて確信を持つ。他人と共にありながらも、他人に流されず、一切を受け容れる。まさにニーチェの「超人」思想の先駆けと言える思想である。, 他にも、 ・道徳は人間存在の実存に立脚し、機微を洞察していかなければ形骸化し、偽りとごまかしを強要するようになる。 ・「世俗の人はみな己に同じきを喜び、人の己に異なるを悪(にく)む」=世間の人は、人と同じであることを喜んで、違うことを嫌う。だからこそ異なる者同士の対立と闘争がやまない。 ・「兵を偃(や)めんとするは、兵を造(おこ)すの本(もと)なり」=戦争否定の議論は裏返された戦争肯定である。こういう「好戦的な平和主義」という矛盾した思想が生まれるのは、結局妄想である。, ここまで世界と、人間と真摯に向き合った思想家も史上稀有ではないだろうか。このような素晴らしい、一生をかけて体現したい思想に出会えたことに感謝する。, 仕事で人間関係に疲弊していた自分の状況とこの本に書かれた内容、人間関係に疲弊しているときはどうすればいいのかとアドバイス的な提案がされている本です。, 何かに負けて落ち込んでいる時や私のように人間関係で悩んでいる時に読むと大切なことに気づかせてもらえます。, このせちがらい世の中で誰よりも自由に生きる。 人は必ず負ける。言葉で説明しようとしても、絶対に他人とのズレが生じる。言葉なんて適当。 主体性とは、周りの価値観に惑わされないこと。適々の思想、自分が本当に快適だと思うことを、快適だと思うこと。, 活字の本だと疲れてしまうと考えている方には3冊目に紹介した「マンガ 老荘の思想」をオススメします。この本で荘子についての理解を深め、興味が湧いてきたら活字の本を読み進めるといいと思います。, 現代社会はストレスを感じてしまうので、疲れ悩んでいる方がここで紹介した荘子の本を手に取って、少しでも心の癒しになれば幸いです。. 孔子の言葉が綴られている「論語」は、2500年の時代を超えて、現在も読み続けられているおすすめの古典です。人間関係やビジネスの現場でも道標になる名言集としても人気が出ています。そんな論語のおすすめの本をランキングで紹介しています。, 「論語」は2500年前の中国で生まれています。当時中国は戦乱の世(春愁戦国時代)でしたが、そんな殺伐とした世の中で、孔子は「仁」の思想を広めるために中国を旅していたそうです。(「仁」は慈愛・仁愛・人を思いやる気持ちのことです。), 孔子の思想には「仁」の他にも、「忠・孝・義・礼・智・信・恕・譲・恭・敬・悌」があります。儒教を広める活動のため、命の危機にさらされるような出来事に何度もあいながら、弟子への教育や詩・古典の研究を続けて79歳で亡くなっています。, 「論語」は孔子が亡くなったあと、弟子達によってまとめられた「名言集」のようなものです。現代では世界中で翻訳されていて、論語の読者は英語圏にも広がって親しまれています。自分にぴったりな論語の本を見つけて楽しく知識を増やしましょう。, 論語は古典として現代でも読まれ続けていて、論語の内容を生活に役立てている人が沢山います。易しい言葉の解説があるものから、詳しい考察がついているものまで色々な種類がありますので、読みやすい本を見つけることから始めるのがおすすめです。, 論語を全く読んだことのない初心者や、学校の勉強などで堅苦しいイメージがついている場合には、分かりやすさを基準にして選んでみるのが良いでしょう。論語の本の中には難易度の高いものも多いので、入門書から始めてみると読み進めやすくなります。, 初心者向けの論語には、人気キャラクターのイラストが漫画が入っているものがあります。ディズニーキャラクターのクマのプーさんや、ドラえもん・マイメロディなど可愛いイラストかついているものは、子供でも理解できるような優しい言葉で説明されています。, 平易で親しみのある言葉遣い解釈だけでなく、書き下し文がついている場合も多いです。中には漢文(原文)が入っているものもありますので、大人でも楽しく読めるでしょう。ちょっとした隙間時間にぱっと本を開いて目を通すような楽しみ方ができます。, 子供向けやイラスト付きの論語は子供向きのイメージが強いですが、初心者の大人が読んでも面白いものは多いです。堅苦しいものが苦手な場合には、イラストや漫画で説明されている論語から入ってみるのがおすすめです。, 論語の本は漢字だけで書かれている「原文」に加えて、「書き下し文」と「現代語訳」がついているものが多いです。初心者であっても論語を読むなら原文と書き下し文が入っているものはひとつ手に入れておくのをおすすめします。, 現代語訳は解釈が難しい書き方がされているものもありますが、非常に平易ですんなり読める本もたくさんあります。現代語訳を読んでいくことで書き下し文や原文を理解しやすくなるので、まずは読みやすい現代語訳がついているものを選んでおきましょう。, 現代語訳のほかに、超訳された論語が入っているものもあります。超訳は翻訳者の解釈がはいっているので厳密な翻訳とは違っていますが、個性的で好奇心をそそるような面白いものがあるので、超訳で読んでみるのも楽しいでしょう。, 論語は全部で500以上の短文が集まっていますが、中には誰もが知っている有名なものがあります。「温故知新」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」「和を以て貴しとなす」など、知っている論語が入っている本を選ぶと、読み始めるきっかけを作りやすいです。, 知っている論語から読み始めることで理解スピードが速くなりますので、本の読み方がスムーズになっていきます。そのような部分から見ると、20篇全て入っている本はむしろ読みやすいとも言えます。, 論語を選ぶ時には著者・訳者に注目してみるのもおすすめです。有名な著者が翻訳をしていると親しみを持ちやすいですし、好きな作家が論語の本を出しているなら楽しく読み進めることができます。, 好きな作家の出した論語の本であれば手にとるまでのハードルが低くなりますし、他の本と比べても読むのが楽しいです。論語の翻訳ではなくても、好きな作家が論語について書いた本があれば、それから読み始めてみる方法もあります。, ドラえもんなどのイラストや漫画が入っている論語に関しても、好きな作家が参加している本のひとつになるでしょう。子供向きに作られている場合であっても、初心者が理解しやすい入門書として読めます。, 有名人が書いている論語の本を選んでみるのも、読み始めるまでのハードルが低くなります。テレビやインターネットなどで、話している姿を見たことがあるだけでも親しみを持てるからです。, 2500年前の乱世だった中国の時代について、孔子を含めた登場人物が生き生きと目に浮かぶように表現されている本であれば、有名人が書いている本のほうがイメージしやすいかも知れません。必要以上に堅苦しく考えずに、スムーズに論語を読みやすくなります。, 論語の本の中には細かい解釈や説明がされているものや、春愁戦国時代の政治情勢や背景を交えて解説されているものもあります。論語について深く理解したい場合には、充実度の高い本を選ぶのがおすすめになります。, 論語の短文は全部で500以上ありますが、全て読んでみたい場合には20篇が全部入っている本を探す必要があります。20篇全て読むことができる論語の本はとても多いので、色々と比べながら読みやすいものを見つけるがおすすめです。, 入門書や初心者向きの論語には一部をピックアップして易しく解説されているものも多いですが、20篇全てが入っているものも沢山あります。初心者の場合には20篇全部読むことができて、かつ平易な文章で書かれているものが良いかも知れません。, 20篇全てが入っているわけではないけれども、充実した内容の論語の本もあります。独特のユニークな切り口で考察が入っていたり、現代の状況と組み合わせて論語が解説されてあるものなども面白いです。, ”孔子とドラッカー”の組み合わせなど、どのような考察がされているのか好奇心をそそられるようなタイトルの本も見られます。ビジネスや人間関係に生かす論語など、実用書として作られているものもあるでしょう。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51s6NJ0XFoL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E7%2594%259F%25E3%2581%25AE%25E3%2581%259F%25E3%2582%2581%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E7%2594%259F%25E3%2581%25AE%25E3%2581%259F%25E3%2582%2581%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4569778127?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4569778127"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B0%258F%25E5%25AD%25A6%25E7%2594%259F%25E3%2581%25AE%25E3%2581%259F%25E3%2582%2581%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 小学生向けの丁寧で易しい言葉遣いになっています。テレビ番組などにも出演が多い斉藤孝の著書ということもあって親しみを持ちやすいでしょう。ふりがながついているので小学生ひとりでも読めますが、親子で一緒に楽しめるところがおすすめです。, 小学生でもわかりやすいやさしい言葉で論語の解釈が説明されているのですが、書き下し文と原文もついています。書き下し文・原文だけではうまくイメージできないことも、すんなりと理解しやすいのが魅力になっています。, やさしい説明がしてある部分は、小学生の生活のなかで起きやすいことと結びつけてあるので、「塾」「ゲーム」などの単語が出てきます。大人になっても理解しやすいですが、小学生の子供がいるお父さん・お母さんだと興味を持ちやすい内容になります。, [{"key":"頁数","value":"111ページ"},{"key":"出版社","value":"PHP研究所"},{"key":"著者","value":"齋藤孝"},{"key":"発売日","value":"2010/5/11"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51RuWNxaqkL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2581%2588%25E3%2582%2582%25E3%2582%2593%2B%25E3%2581%25AF%25E3%2581%2598%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2581%2588%25E3%2582%2582%25E3%2582%2593%2B%25E3%2581%25AF%25E3%2581%2598%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F 商品検索結果"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4095018267?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4095018267"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2581%2588%25E3%2582%2582%25E3%2582%2593%2B%25E3%2581%25AF%25E3%2581%2598%25E3%2582%2581%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ドラえもん・のび太・しずかちゃんなど、ドラえもんに登場するキャラクターのイラストが入っていて楽しく読み進められます。藤子・F・不二雄の描く孔子の弟子のイラストなどもあるので、この本だけで楽しめる子・F・不二雄のイラストが見られます。, 本来の論語は全部で500以上の短文が詰め込まれているのですが、この本は40の論語がピックアップされています。ドラえもんのオリジナルイラスト付きで、易しく説明されていて、論語を知るためのきっかけにするのも良いかも知れません。, 漢文と略文がありますので、難しい読み方で学ぶこともできます。難しい部分が理解できなくてもかみ砕いだ文章の解説がついていたりなど、大人が読んでもためになる構成になっています。, [{"key":"頁数","value":"111ページ"},{"key":"出版社","value":"小学館"},{"key":"著者","value":"藤子・F・不二雄/安岡定子"},{"key":"発売日","value":"2016/10/27"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41awjx11bQL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043675011?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4043675011"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E8%25A7%2592%25E5%25B7%259D%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語にある全20篇のすべてが収められています。原文・書き下し文・現代語訳に加えて、注釈がついているため、ひとつひとつの短文を深く理解しやすくなっています。難しい言葉が使われていなくて、学生でも読めるレベルなのが魅力でしょう。, 孔子が生きていた時代背景(戦乱の世)の政治情勢や、キリスト・仏陀との比較などが加わっていて、孔子についての知識を広げることもできるでしょう。わかりやすい注釈がかしこまっていないので楽しく読むことができます。, 論語について知りたい初心者に向けておすすめできる本になっています。オリジナルの論語自体が短文の集まりということもあり、ちょっとした隙間時間にも本を広げられるくらい読みやすい文体で解説されています。, [{"key":"頁数","value":"270ページ"},{"key":"出版社","value":"角川書店"},{"key":"著者","value":"加地伸行"},{"key":"発売日","value":"2004/10/23"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/416bjPpilrL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25B6%2585%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A1%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A5%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25B3%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25B6%2585%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A1%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A5%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25B3%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4799312618?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4799312618"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3Dhttps%253A%252F%252Fhb.afl.rakuten.co.jp%252Fhgc%252F17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04%252F_RTcand00000001%253Fpc%253Dhttps%25253A%25252F%25252Fsearch.rakuten.co.jp%25252Fsearch%25252Fmall%25252F%252525E8%252525B6%25252585%252525E8%252525A8%252525B3%25252B%252525E8%252525AB%25252596%252525E8%252525AA%2525259E%252525E3%25252580%25252580%252525E3%25252583%25252587%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252582%252525B9%252525E3%25252582%252525AB%252525E3%25252583%252525B4%252525E3%25252582%252525A1%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252583%25252588%252525E3%25252582%252525A5%252525E3%25252582%252525A8%252525E3%25252583%252525B3%252525E3%25252583%25252586%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252583%252525AF%252525E3%25252583%252525B3%25252F%2526m%253Dhttps%25253A%25252F%25252Fsearch.rakuten.co.jp%25252Fsearch%25252Fmall%25252F%252525E8%252525B6%25252585%252525E8%252525A8%252525B3%25252B%252525E8%252525AB%25252596%252525E8%252525AA%2525259E%252525E3%25252580%25252580%252525E3%25252583%25252587%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252582%252525B9%252525E3%25252582%252525AB%252525E3%25252583%252525B4%252525E3%25252582%252525A1%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252583%25252588%252525E3%25252582%252525A5%252525E3%25252582%252525A8%252525E3%25252583%252525B3%252525E3%25252583%25252586%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252583%252525AF%252525E3%25252583%252525B3%25252F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 本の冒頭には、孔子や孔子の弟子をはじめとする登場人物の一覧が掲載されていてユニークです。オリジナルの切り口で論語が楽しく読めますし、理解しやすい文章ながら原典を大切にしてあるのが魅力です。, 原文をきちんと翻訳してある論語の本だと、とっつきにくかったり説教じみているイメージがする場合があるかも知れません。しかしこちらの本は好奇心が強まるような書き方がされているので、おもしろく読み進められます。, 論語は漢文や難しい古典的な言葉で書かれているので抵抗があるという場合にもおすすめです。超訳なので堅苦しくないだけでなく、楽しく読み終わったあとには論語についての知識が深まっているでしょう。, [{"key":"頁数","value":"288ページ"},{"key":"出版社","value":"ディスカヴァー・トゥエンティワン"},{"key":"著者","value":"安冨歩"},{"key":"発売日","value":"2012/12/14"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41KWUBaJFVL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E8%25AA%259E%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E9%25BD%258B%25E8%2597%25A4%2B%25E5%25AD%259D%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E8%25AA%259E%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E9%25BD%258B%25E8%2597%25A4%2B%25E5%25AD%259D%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4480065784?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4480065784"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E8%25AA%259E%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E9%25BD%258B%25E8%2597%25A4%2B%25E5%25AD%259D%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 原文は入っておらず、現代語訳だけが書かれています。すんなりと読みやすい文章なので、論語の意味を理解したい場合にはおすすめできる本になっています。原文を暗記したりなど勉強に使うものというよりは、原文の意味を理解しやすい本になるでしょう。, 論語はもともと漢文で書かれていますし原書を読むのは難しいですが、現代語訳であれば読みたいページから少しづつ読みすすめやすいのも魅力です。2500年前の偉人ではありますが、堅苦しくなく語録本のような感じで読めるようになっています。, 聖人君子のような紹介をさえる事が多い孔子ですが、現代語訳で読んでみると人間らしい部分が垣間見えたりなど読み物としても楽しいです。論語の初心者であれば、こちらの本から読み始めて、理解したあとに難易度の高い原文の翻訳に挑戦するのもおすすめです。, [{"key":"頁数","value":" 282ページ"},{"key":"出版社","value":"筑摩書房 "},{"key":"著者","value":"齋藤孝"},{"key":"発売日","value":"2010/12/8"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512eJyL8HxL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2585%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25AE%258C%25E5%2585%25A8%25E5%25AF%25BE%25E7%2585%25A7%25E7%2589%2588%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2585%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25AE%258C%25E5%2585%25A8%25E5%25AF%25BE%25E7%2585%25A7%25E7%2589%2588%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%2F 商品検索結果"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4416716540?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4416716540"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%2585%25A8%25E6%2596%2587%25E5%25AE%258C%25E5%2585%25A8%25E5%25AF%25BE%25E7%2585%25A7%25E7%2589%2588%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語は短文を集めて作られているものですが、この本では短文をさらに「一文超訳」として短くした説明が加わっています。ぱっとみて一瞬で論語内容が理解しやすいところは魅力になるでしょう。原文・書き下し文に加えて、現代語訳がついた構成です。, 論語の中に登場する人物の注釈が加わっているのも理解が深まりやすい点です。ページ上の部分に大きな文字で現代語訳と、ページ下の部分に原文と書き下し文が掲載されています。書き下し文のすぐ横に注釈がついていて読みやすいです。, 1ページの中に現代語訳・原文・書き下し文がはいっているので、比較しながら読みやすいです。論語20篇がすべて入っているので、わかりやすく原文も現代語訳も理解したい場合にはおすすめできる本になっています。, [{"key":"頁数","value":"424ページ"},{"key":"出版社","value":"誠文堂新光社"},{"key":"著者","value":"野中根太郎"},{"key":"発売日","value":"2016/12/7"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31M0opkP7FL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2596%2589%25E8%2597%25A4%25E5%25AD%259D%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2596%2589%25E8%2597%25A4%25E5%25AD%259D%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4480433864?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4480433864"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2596%2589%25E8%2597%25A4%25E5%25AD%259D%25E8%25A8%25B3%25E3%2580%2580%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語20篇がすべて入っています。ページ上に原文と書き下し文と、ページ下に現代語訳が入っている構成です。現代語訳の部分は解説としても読めますし、書き下しにはルビがふられているなど工夫されていて読みやすいです。, 「中庸」「仁」など、道徳的なイメージのため拒否反応を示してしまいそうな部分が、読みやすく翻訳されていて入門書としてもおすすめです。喜びや悲しみなど人間らしい感情が伝わってくる表現や描写があって、孔子の精神が生き生きと伝わってきます。, 初心者向きの入門書としても使えるだけでなく、原文と書き下し文を比べながら何度も読み返すことができます。最も有名な古典のひとつですが現代でも通じる内容が非常に多く、大人になっても面白く読めるでしょう。, [{"key":"頁数","value":"462ページ"},{"key":"出版社","value":"筑摩書房"},{"key":"著者","value":"齋藤孝(訳)"},{"key":"発売日","value":"2016/10/06"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/418ZQeJO%2BsL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%2591%2589%2B%25E6%2599%25BA%25E8%258B%25B1%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%2591%2589%2B%25E6%2599%25BA%25E8%258B%25B1%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/448043254X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=448043254X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3%25E4%25BA%25BA%25E3%2581%25AE%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%2591%2589%2B%25E6%2599%25BA%25E8%258B%25B1%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 論語の中から50つがピックアップされています。孔子を変革者として考察されていたり、恋歌についての章があったりと、ひとくせアリので好奇心をくすぐる解説になっています。道徳的で退屈な、論語のイメージをがらっと変えてしまう本です。, 堅苦しくてかしこまっている内容ではなく、人間らしい孔子の一面に触れることができます。初心者の場合には、スタンダードな入門書と比較しながら読んでみるとより面白いかも知れません。他の本には書かれていない論語の魅力も知ることができます。, 500以上ある論語の中から50篇が選ばれていてるので、深く考察されているのが特長でもあります。入門書や20篇全てに解説が入っている論語の本とは違うのは、解釈に重点を置いていて現代の論語の読み方を考えることができる部分です。, [{"key":"頁数","value":"283ページ"},{"key":"出版社","value":"筑摩書房"},{"key":"著者","value":"呉智英 "},{"key":"発売日","value":"2015/8/6"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41VIFGo5%2B3L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25AE%258C%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E4%25BA%2595%25E6%25B3%25A2%2B%25E5%25BE%258B%25E5%25AD%2590%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25AE%258C%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E4%25BA%2595%25E6%25B3%25A2%2B%25E5%25BE%258B%25E5%25AD%2590%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/400061116X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=400061116X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25AE%258C%25E8%25A8%25B3%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E4%25BA%2595%25E6%25B3%25A2%2B%25E5%25BE%258B%25E5%25AD%2590%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 原文・書き下し文・現代語訳の後に、解説が加わった構成になっています。書き下し文が大きな文字で表示されているので、解説を読みながら理解していけます。かなり分厚い本になっていますが、ちょっとした読書する時間にも読むことができます。, 入門書を読んだことがある初心者であれば、スムーズに読み進められるでしょう。全く何の知識もない状態で読み始めるよりは、初心者向きの入門書を読んでから挑戦したほうが楽に読み進められます。, 難解な言葉使いや堅苦しい表現はありません。歌ったり楽器を演奏している孔子など、人間らしくて親しみが持てる内容が書かれています。ユーモラスで温かい姿や、怒ったり喜んだりする孔子の様子は、かしこまった論語のイメージを覆すでしょう。, [{"key":"頁数","value":"672ページ"},{"key":"出版社","value":"岩波書店"},{"key":"著者","value":"井波律子(訳)"},{"key":"発売日","value":"2016/6/9"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51XXSY304QL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4003320212?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4003320212"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%2B%25E8%25AB%2596%25E8%25AA%259E%25E3%2580%2580%25E5%25B2%25A9%25E6%25B3%25A2%25E6%2596%2587%25E5%25BA%25AB%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 大正14年に刊行され現在でも読み続けられています。原文、訓読分、現代語訳が入っています。シンプルでなので論語を勉強したい場合にはおすすめできるでしょう。こちらの論語を理解するためには、孔子や生きていた時代背景を理解しておくのがポイントです。, 入門書ではありませんが、孔子の弟子たちの様子が沢山書かれているので親しみを持って読み進められます。コンパクトにまとめられた簡潔な論語ですが、スタンダードな本としておすすめできます。, 論語に対して堅苦しいイメージを持っていたり、道徳的で説教じみている印象がある場合には、人間らしい孔子や弟子たちの様子が生き生きと描かれている本と、「組み合わせて」読んでみるとより理解が深まります。, [{"key":"頁数","value":"406ページ"},{"key":"出版社","value":"岩波書店"},{"key":"著者","value":"金谷治(訳)"},{"key":"発売日","value":"1999/11/16"}], 論語は現代でも世界中の人から愛読されている古典の名著です。心の中に留めておけば、様々な出来事が起こる毎日の中で行動の指針にできるでしょう。ぜひ論語の本で楽しく知識を広げてください。.

Ark 非専用サーバー 参加失敗 6, ヘビィボウガン 強化パーツ 付け方 5, リアル鬼ごっこ 2015 動画 9, Remo Studio プラン 8, Ups 配達 遅い 44, 新潟記念 予定 騎手 13, Apex ランクマッチ 抜ける 16, Craving Explorer 2 33, 女子プロレスラー 年収 ランキング 28, トバリ 香水 店舗 20, 車 内装 靴傷 6, かます 意味 若者 21, 西八王子 事件 速報 35, ハイ スクール オブザ デッド 最新 話 5, 深イイ話 ナレーション 男 40, 井の頭線 終電 コロナ 5, あてなよる レシピ 新玉ねぎ 15, Twice クイズ 初級 編 8, クマ 撃ち の女 最 新刊 11, ロイヤルパープル Hps Xpr 違い 43, 堀田真由 画像 高 画質 14, 朝ドラ 女優 歴代 14, 夏 かっこいい 英語 10, Zip グッズ 星星 7, しゃべくり007 動画 鬼越トマホーク 5, 英雄伝説 創の軌跡 Platinumマイスターbox 13, パン君 現在 2020 32, 雪が降る 英語 過去分詞 4, 千葉市大会 サッカー 6年生 5,