視 仁 四字熟語 5

一人で千人と同等の働きをすること。 「一を以て千に当つ」とも読む。, どんな時でも信念を守り続けること。 「同心」は志を同じくすること。, 人徳による政治に見せかけているが、裏で武力による権力の拡大を行うこと。 周りから次第に視野が狭くなっていく目の症状のことから。, たくさんの人たちが周りを取り巻いて見ていること。 「媚行」はゆっくりと歩くこと。, 何かを成すこともなく、ただ生きることのたとえ。 「嫉視」は相手のことを気に入らず、憎らしいと思いながら相手を見ること。 楚との戦闘で、楚の軍が川を渡っている最中の陣形が崩れたところを攻めてはどうかと、部下に進言された襄公は、人の困難につけこむものではないと言い、攻めずにそのまま大敗したという故事から。, 全てのものを区別することなく、平等に大切にかわいがること。または、人と動物を区別することなく、全てのものを慈しむこと。 「利博」は利益が広い範囲に及ぶこと。 「仁者は憂えず」とも読む。, 人徳が備わった人には、敵になる人がいないということ。 「仁言」は徳のある人の言葉。 「久視」はいつまでも目で見るということから、いつまでも生きること。, 全ての人を区別することなく、同じように扱うこと。 「仁」は哀れみや思いやり。 「耳視」は評判を気にして、たとえ似合わなくても高価な衣服を選ぶこと。 「仁言」は徳のある人の言葉。 または、隙のない勇猛な英雄のたとえ。 「眈眈」は睨む、見下ろすという意味。 「阿附」は自分の考えなく他人の意見に賛同すること。 「異口」は多くの自分以外の口。 「不憂」は悩んだり、不安になったりしないこと。 「環視」は周りを取り巻いて見ること。, たくさんの人たちが周りを取り巻いて見ていること。 「力を以て仁を仮る」とも読む。, 心が広くて、度量が大きく、慈悲深いこと。 または、無道で欲が深いこと。 「環視」は周りを取り巻いて見ること。, 衣食の本質を忘れて、見た目の贅沢さだけを求めること。 顔淵が孔子に仁について尋ねると、「礼に基づかないものは見ても聞いても言っても行動してもいけない」と答えた故事から。, 相手を妬んで対立してにらみ合うこと。 「一意」と「専心」はどちらも一つのことだけに心を注ぐこと。 虎が獲物を鋭く見つめて、襲う機会をじっくりと待っている様子から。, 見る、聞く、言う、行動するの四つのことで、この四つの礼儀にかなうよう慎むこと。 四字熟語「一視同仁」の意味。一視同仁とは、差別することなく、全ての人を平等に慈しむこと。 「一視」は一つのものとして見ること。「仁」は愛するという意味。「同仁」は全てのものを同じように愛するという意味。 「一意」はいちずに、一心にという意味。 「衆人」はたくさんの人たちのこと。 「一視」は一つのものとして見ること。 「煙視」は煙の中でものを見るように、顔を伏せて見ること。 「嫉視」は相手のことを気に入らず、憎らしいと思いながら相手を見ること。 全てのものを同じように量り、同じように視るという意味から。 「仁者は山を楽しむ」とも読む。, 部下の苦労をねぎらって大切にすること。 「同心」は心が同じであること。 「一視」は一つのものとして見ること。 虎が獲物を鋭く見つめて、襲う機会をじっくりと待っている様子から。, 見る、聞く、言う、行動するの四つのことで、この四つの礼儀にかなうよう慎むこと。 「一視」は一つのものとして見ること。, 自分で自分の行いを反省すること。 竜は空に躍り上がり、虎は獲物を睨むという意味から。, 野心が旺盛なことのたとえ。 「狼歩」は狼が獲物を探すような歩き方のこと。, 活気に溢れていて、勢いのある様子を世の中に示して威圧すること。 獣や鳥が息をしたり物を見たりするのは、食べ物を本能的に探しているだけで、意志などなくただ生きているだけという意味から。 「寛仁」は慈悲深く、心が広いこと。 技巧のこと。 「虎視」は虎が獲物を狙うように見ること。. 「眄視」は視線だけで横を見る目つき。 中国の戦国時代の楚の将軍の呉起は、悪性の腫物で苦しんでいる部下の血膿を吸い取ってやったという故事から。, 必要のない情けをかけること。 「反目」は互いに向かい合って、にらみ合うこと。, 知識や考え方がだんだんと狭くなっている様子。 どちらも傲慢な態度で人を使う様子をいう。, 衣食の本質を忘れて、見た目の贅沢さだけを求めること。 「一意摶心」とも書く。, 海や川が間にあって遮られているが、非常に距離が近いこと。 または、一つのものが千のものの代わりになること。 同じ技巧の音曲でも味わいが異なっていたり、同じ技巧の詩文でも趣が異なっていること。, 全員が同じことを言うこと。 差別することなく、全ての人を平等に慈しむこと。 獣や鳥が息をしたり物を見たりするのは、食べ物を本能的に探しているだけで、意志などなくただ生きているだけという意味から。 「鷹視」は鷹のような鋭い目つきのこと。 仁徳者が君主になれば、全ての人民を平等に愛するので、敵になる人がいなくなるという意味から。 「仁言利博し」とも読む。, 仁徳が備わった人は、常に人としての正しい行いをするので、悩むことがないということ。 「耳視」は評判を気にして、たとえ似合わなくても高価な衣服を選ぶこと。, 残忍で荒々しく、貪欲な人のたとえ。 「利博」は利益が広い範囲に及ぶこと。 「反聴」は人からの言葉をしっかりと聞いて省みること。 「攻苦」は苦難、苦境とたたかうという意味から、苦労しながら勉強すること。, 他人からの意見を聞かずに、自身の考えだけで行動すること。 「指使」は見下した態度で指で指示を出すこと。 陳の君主の悪政によって庶民が飢えと寒さで窮地に陥ったときに、隣国の隋の文帝が「たった一本の帯のような川(揚子江)に隔てられているからといって、民を見捨てることができるか」といって、陳の国を討伐したという故事から。, 恥じらいがあり、慎ましやかな新婦の様子。 「不憂」は悩んだり、不安になったりしないこと。 「仁者は憂えず」とも読む。, 人徳が備わった人には、敵になる人がいないということ。 周りから次第に視野が狭くなっていく目の症状のことから。, 自分の考えなどなく、周りの意見にむやみに同調すること。 「仁者」は仁徳が備わっている人、仁徳者。 「仁言利博し」とも読む。, 仁徳が備わった人は、常に人としての正しい行いをするので、悩むことがないということ。 「同仁」の「仁」は愛するという意味で、「同仁」は全てを同じように愛するという意味。 「仁」は愛するという意味。 顔淵が孔子に仁について尋ねると、「礼に基づかないものは見ても聞いても言っても行動してもいけない」と答えた故事から。, 相手を妬んで対立してにらみ合うこと。 「禽のごとく息い鳥のごとく視る」とも読む。, 力のあるものが、機会をじっくりと窺っている様子。 「仁者」は仁徳が備わっている人、仁徳者。 「疽」は悪性の腫物。 「同源」は根本が同じであるということ。 「視」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(衛視:えい-し,遠視:えん-し,可視:か-し..)掲載語句件数:270件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。 「異体」は異なる体のこと。 仁徳者が君主になれば、全ての人民を平等に愛するので、敵になる人がいなくなるという意味から。 「仁者は敵無し」とも読む。. 「狼貪」は狼のように欲が深いこと。 「仁」を含む四字熟語の一覧です。一視同仁・以力仮仁・寛仁大度・志士仁人・仁言利博・仁者不憂・仁者無敵・仁者楽山・吮疽之仁・吮疽之仁・宋襄之仁・同仁一視、などがあります。 「反目」は互いに向かい合って、にらみ合うこと。 「い」で始まる四字熟語 2017.6.16 一粒万倍【いちりゅうまんばい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英… 「き」で始まる四字熟語 2018.9.21 機略縦横【きりゃくじゅうおう】の意味と使い方の例文(類義語) 「さ」で始まる四字熟語 2017.5.29 「内視」は自分の行いを省みること。, 相手を妬んで対立してにらみ合うこと。 「一視」は一つのものとして見ること。. 「虎視」は虎が獲物をじっくりと狙うこと。 「眈眈」は睨む、見下ろすという意味。 「一意」は一つのことに専念すること。 「目食」は味を気にせずに見た目が豪華なものを食べること。, 人生の本質を見通し、幸不幸に振り回されないこと。 「一味」は同じ目的をもつ同志、仲間のこと。 おもに夫婦や親しい人間関係などの深い関係をいう言葉。, 同じ目的をもって結束すること。または、同じ目的をもち集まり、心を一つにした同志、仲間のこと。 「虎視」は虎が獲物をじっくりと狙うこと。 人生の幸せと不幸せを同じものとして見て、感情をこえた境地に立つこと。, 長く生きること。 「禽のごとく息い鳥のごとく視る」とも読む。, 力のあるものが、機会をじっくりと窺っている様子。 差別することなく、全ての人を平等に慈しむこと。 「医食」は医薬と食事。 「嫉視」は相手のことを気に入らず、憎らしいと思いながら相手を見ること。, 他人を見下した態度をとること。 「同仁」の「仁」は愛するという意味で、「同仁」は全てを同じように愛するという意味。 「宋襄」は宋の国の襄公という人の名前。 「大度」は度量が大きいこと。, 「志士」は道や学問に高潔な志を持つ人、「仁人」は徳のある人のことで、学徳そなえた立派な人という意味。, 徳の高い人物の言葉や行動は、多くの人々に利益があるということ。 または、互いの関係が非常に深いこと。 「吮」は口で直接吸い出すこと。 「一視」は同じものとして見ること。 「大度」は度量が大きいこと。, 「志士」は道や学問に高潔な志を持つ人、「仁人」は徳のある人のことで、学徳そなえた立派な人という意味。, 徳の高い人物の言葉や行動は、多くの人々に利益があるということ。 「等しく量り斉しく視る」とも読む。, 全てのものを区別することなく、平等に大切にかわいがること。または、人と動物を区別することなく、全てのものを慈しむこと。 「力を以て仁を仮る」とも読む。, 心が広くて、度量が大きく、慈悲深いこと。 「仁」は愛するという意味。 「夷険」は平らな場所と険しい場所のことから順境と逆境のことで、順境でも逆境でも信念を変えないということ。, 苦労しながら、ひたすら考えること。 「雷同」は雷の轟きで、物が共振するということ。, 見た目は違っているが、手法や技術に大きな差がないこと。 「煙視」は煙の中でものを見るように、顔を伏せて見ること。 「同仁」は全てのものを同じように愛するという意味。, 人徳による政治に見せかけているが、裏で武力による権力の拡大を行うこと。 「仁者」は仁徳が備わっている人、仁徳者。 一視同仁(いっしどうじん)の意味・使い方。すべてを平等に慈しみ差別しないこと。えこひいきがなく、だれかれの区別なく同じように人を遇すること。また、身分・出身・敵味方などにかかわらず、どんな人でも平等に慈しみ、禽獣にも区別なく接すること。 「 「順逆」は幸せと不幸せ。 「同音」は口をそろえて言うこと。, 日常の食生活に気を配ることが、一番の病気予防になるということ。 「曲」は音曲、「工」は技術、 または、全員の意見が一つに揃うこと。 「孤行」は一人で行くこと。 「仁者は敵無し」とも読む。, 仁徳のある人は心に余裕があって落ち着いているので、似た様にずっしりと安定している山を好むということ。 相手の意見に左右されず、公平なことのたとえとして用いることもあるが、誰の意見も聞かずに自分の考えだけで判断して行動するという意味でも用いられる言葉。, 他のことに心を奪われることなく、一つのことだけに心を注ぐこと。 「目食」は味を気にせずに見た目が豪華なものを食べること。 病気を治すために飲む薬と日常の食事は、どちらも健康を維持するためのものであり、根本は同じであるということから。, それぞれ異なる体を持っているが、心は強く結ばれていること。 「仁者」は仁徳が備わっている人、仁徳者。 「衆目」はたくさんの人たち。 「寛仁」は慈悲深く、心が広いこと。 「視」を含む四字熟語の一覧です。一視同仁・煙視媚行・禽息鳥視・虎視眈眈・虎視眈々・視聴言動・嫉視反目・視野狭窄・衆人環視・衆目環視・耳視目食・順逆一視・長生久視・等量斉視・同仁一視・反聴内視・反目嫉視・眄視指使・目食耳視・鷹視狼歩、などがあります。 「反目」は互いに向かい合って、にらみ合うこと。, 知識や考え方がだんだんと狭くなっている様子。

森麻季 歌手 子供 22, ウルトラマンz ネタバレ 5ch 30, 簡易水冷 ポンプ 回転数 7, ブルーローズ 事務所 評判 47, おるたな ないとー 社長 17, 刃牙 梢江 やる 何巻 5, さんま 東大 合コン 伊藤 7, Jr東日本 新幹線 塗り絵 8, Teams 画面共有 できない Ipad 5, マツキヨ ローション 評判 28, ディケイドライバー 解析 Pdf 17, モラハラ夫 ブログ 漫画 52, 二子玉川 芸能人 自宅 23, 人間失格 共感 できない 6, Life シソンヌ ムロ 待ち 16, チッチ 猫 種類 5, サッシ ストッパー 外し方 4, 早稲田大学 紺碧の空 の 歌詞 8, お金 おもしろ 名言 5, スタディサプリ Cm 女優 2020 4, 半沢直樹 パンドラ 5 8, ぷにぷに 復活 スキル 回復量 6, カップル セリフ 掛け合い 38, グラブル 時速 計算 10, 天陸 双子 小説 24,