60代 敏感肌 化粧品

『ポケットモンスター』(POCKET MONSTERS)は、1997年4月1日から2002年11月14日まで放送されていた、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメである。全275話。, 原作の設定を踏襲しつつ、キャラクター間の関係や悪役の配役などには独自の設定が多数作られており、テンポのよい冒険活劇として表現されている。独特の言い回しやパロディを使用するなど、シリーズ構成を担当した首藤剛志によるただゲームをアニメにしただけにはとどまらない世界観を築き上げた。主人公サトシと共に、ジムリーダーのタケシとカスミが旅をする仲間とした位置付けであったり、常連の敵役としてロケット団のムサシとコジロウ、そして人間の言葉を話せるニャースといったキャラクターが創作された。また、首藤はロケット団の登場時の口上「なんだかんだと聞かれたら - 」というセリフも生み出している。, ストーリーは、原作のゲームの『赤・緑』のストーリーを基本とした「カントー編(ポケモンリーグ編)」(全81+1話)、オリジナルエピソードの「オレンジ諸島編」(全36話)、『金・銀』を基本とした「ジョウト編(金銀編)」(全158話)に大別される。なお、当シリーズの正式タイトルは『ポケットモンスター』だが、後発の『アドバンスジェネレーション』(AG)、『ダイヤモンド&パール』(DP)、『ベストウイッシュ』(BW)、『XY』、『ポケットモンスター サン&ムーン』(SM)と対比するために、このシリーズ全体を「無印」や「無印編」と呼ぶことがある[2]。「オレンジ諸島編」では、タケシはウチキド研究所に残り(後にタケシは、サトシ達よりも先に、マサラタウンのサトシの家に戻ることになる)、ポケモンウォッチャーのケンジが同行している。, サブタイトル表示では、第1話のみ「ポケモン!きみにきめた!」は緑だったが、第2話「たいけつ!ポケモンセンター!」からは青に変更された。なお、第16話「ポケモンひょうりゅうき」の冒頭辺りで、船が沈没したことによって少し暗い曲となった場面もある。ジョウト編の後期からは緑をベースにモンスターボールとジョウト地方のジムバッジの背景に変更された。開始当初から2001年3月までは、CM前後のアイキャッチにその回にちなんだポケモンのシルエットクイズが出題されていた。CMの前には「だーれだ?」という掛け声と共に問題が出題され、CM終了後に答えを発表する形式であった。また、次回予告の最初にも次の回にちなんだポケモンのシルエットが表示されていた。シルエットは次回予告を見た時点ですぐに推測できるものがほとんどだったが、数回「引っかけ問題」が出題されたことがある(出題された時期は集中していた)。2001年4月5日放送の第194(金銀編第76)話からは、従来のシルエットのみに加えて図鑑ナンバーを使ったクイズに変更された。それまで暗いイメージだった背景は多色化によりモンスターボールを基調とした明るいポップ調のものに一新され、出題時の掛け声もそれまでの「だーれだ?」から、英語の「Who 's that POKEMON?」に変更され、当シリーズの最終回まで続いた。その後、「ジョウト編」の途中以降行なわれていなかったCM前後のアイキャッチで行われるシルエットクイズは『ベストウイッシュ』の第61話から復活した。, ミニコーナー「オーキド博士のポケモン講座」は第61話(9月3日)からスタートした。「さぁって、今回のポケモンは…、ピッピカチュウ! !」とスロットで回す場面が見られる。なお、「カントー編」の終盤でポケモンリーグのエピソードを放送している間はその解説を、劇場版の封切りが近付くとその情報を伝える「特別編」として放送することもあった。, 放送開始当初は1年間の放送予定だったとされる[3](シリーズ構成を担当した首藤剛志は、後に「最低でも1年半は続けるのが目標だった」と語っている[4][5])。しかし、初回視聴率は10.2%(関東地区)、平均視聴率は10.0%、最高視聴率は関東地区が1997年11月11日放送の18.6%、関西地区が1997年10月28日放送の11.2%(ビデオリサーチ調べ)と好調で推移し、現在に至るまで続く長寿シリーズ番組となった。なお、1997年10月4日に19時台に跨って放送されたスペシャル回では最高視聴率17.4%(関東地区)、1998年11月26日に木曜日の放送枠では最高視聴率17.0%(関東地区)を記録し、同日に放送された19時台の番組で視聴率トップとなった。, 1997年12月16日に放送された第38話「でんのうせんしポリゴン」にて一部視聴者が体調不良を訴える事件が発生(ポケモンショック)、これに伴い一時放送が休止となり、4ヶ月後の1998年4月16日に放送枠を移動して再開した。放送再開後はOPの一部シーンやタイトルロゴのアニメーションが変更されている。, 本シリーズのみ第1話 - 第14話が小学館・スーパークエスト文庫において『ポケットモンスター The Animation』のタイトルで小説化されている。著者は首藤剛志で、アニメ版では隠されているシビアな現実が書かれており、主人公達の住む世界の実情やシステムが明かされた。, 放送初期、ピカチュウ役の大谷育江がピカチュウ語の練習をしている隣で松本梨香が他事をしているとき、松本はふと呼ばれたような気がして「何?」と振り返ると、大谷は「わかったの?」とびっくりしていた。大谷はピカチュウ語としてサトシと呼んでいたところだった[6]。他のキャストもポケモン語での感情表現は、四苦八苦していたようだ。, 金銀編後半では『ルビー・サファイア』発売に先駆け、その舞台となるホウエン地方出身のトレーナーや新ポケモンがゲスト出演している。, 本作の最終回のラストでサトシとピカチュウがホウエン地方に到着し、最終回の出来事がAG1話での出来事に繋がる。そのため事実上金銀編最終回はAG1話へのプロローグとも言える。シリーズ全放送後は、引き続き全てのネット局で『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』を放送している。, 後に『週刊ポケモン放送局』で放送されたサイドストーリーでは、タケシとカスミがサトシと別れた後の話が放送されている。, CS放送キッズステーションでも放送中であるが、前述の第38話は省かれている。当初はセル画で制作されていたが、2002年8月15日放送の第263話「ナナコとエレキッド」より(OPとEDや一部コーナーはそれ以前から)デジタル制作に移行した。, カントー編およびオレンジ諸島編およびジョウト編の放送日は全てテレビ東京系列のもの。 ゲームでも言及されているように、同じ種類・レベルの野生のポケモンを捕まえてステータスを比較したとき、(せいかくが一緒だとしても)その数値は捕まえるたびに異なることが常である。これはポケモンの個体それぞれにある個体値が異なっているからである。 ほとんどの場合、野生のポケモンとして遭遇したとき、タマゴが発見されたときなど、その個体が初登場したときに決定する。そして、それ以降はそのポケモンが進化したしても変化することはない。対戦時では、個体値の高いポケモンを厳 … また、オレンジ諸島編及び金銀編はポケットモンスターオフィシャルサイトでは1話からカウントしたためそれに従う。, VHS(レンタル・セル共に)には欠番の「でんのうせんしポリゴン」を除けば、放送順で収録されている。ただし番外編3「ルージュラのクリスマス」は短編映画『ピカチュウのなつやすみ』に収録されている。以後、短編映画のVHS、DVDには本編のうち1話を収録することが恒例となった。, この他、厳密には本作の劇場版としての制作ではないが、ポケモン映画20作記念として制作された『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(2017年公開)は、無印の「劇場版ポケットモンスター」を冠す15年ぶりの新作である。TVシリーズの第1話に並ぶパラレルワールドを舞台とした作品であり、ストーリー構成や劇伴など本作へのオマージュが多分に含まれている。本編初期でのシリーズ構成と、劇場版第3作目まで脚本を担当し、2010年に死去した首藤剛志が一部脚本としてクレジットに記載された。, 当初、ポケモンショックが発生しなければ放送時間が移動することは無かったと思われる(移動すると, ポケットモンスター ベストウイッシュ ポケモンTVアニメコレクションDVD めざせポケモンマスター!編(玩具菓子), シナリオえーだば創作術 だれでもできる脚本家 第143回 『ポケモン』第1、2話放映, シナリオえーだば創作術 だれでもできる脚本家 第155回 人間の言うなりにならないポケモン, 映画 かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪ テップルとドキドキここたま界, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ポケットモンスター_(1997-2002年のアニメ)&oldid=78878778, テレビバージョンでは、最初に“ポケモン ゲットだぜーッ!”という歌詞が挿入されているが、フルバージョンには入っていない。テレビアニメの主題歌としては初めてのピカチュウレコードからのリリースではない。曲の中盤に初めて本作の概説文が入った。以後, このEDから映像がデジタル化となる。エンディング映像は、月がモーフィングでさまざまなポケモンに変化するという特徴的なアニメーションとなっている。アーティストは放送時は「犬山犬子」名義であったが、CD化の際に「ニャース(犬山犬子)」と改められた。, ポケモンショックの発生した回(第38話)からの起用であったため、2度目の放送までにはかなりの間が空いた。番外編3では、映像や歌詞の一部がクリスマス仕様に変更された。, 当時のエンディングのクレジットでは「前向きロケット団」と表記されていた(語尾に「!」がない)。表記はないが、, プロデューサー - 村瀬由美(第1話 - 第15話)→岩田圭介(第15話 - 第91話)→岩田牧子(第92話 - 第259話)→, カントー編が20巻、オレンジ諸島編が9巻、金銀編が33巻発売されている。基本的にテレビアニメと同じだが一部のシーンや台詞がカット、もしくは別のものに置き換えられているものがあり、話数が長いため金銀編の後半からは一部の話が2 - 3ページのダイジェスト紹介となっている。金銀最終巻でミシロタウンには到着しているがピカチュウの熱のシーンはカットされ、AG以降のコミックスは出ていない。.

たけもね ツイッター リアルタイム 28, ゴルフサバイバル トッププロ 結果 20, 月極駐車場 審査 通らない 4, いろはに千鳥 動画 ダイアン 21, 朝日新聞 佐藤ママ 講演会 船橋 13, パワプロ 彼女 北斗 9, Jr貨物 辞め たい 22, Nanda 看護診断 研修 4, ダークソウル3 ロングボウ 矢 4, 当たり前 言い換え ビジネス 19, 筑波山 あるきっぷ お得 25, 僕 運命の人です 動画 5話 8, ロッテ Mvp 石田 11, 音楽 盗作 基準 10, バンガロール スキン 色違い 5, モーニングショー 青木 玉川 6, アベマ 競輪 アナウンサー 4, 牟婁病 純 水 8, クラシエ 漢方 シミ 口コミ 6, Aliexpress キャンセル ペナルティ 8, For Your Heart 意味 4, 藤原紀香 陣内 結婚式 5, ヤマト Ec 委託 4, クラフト系 サバイバルゲーム スイッチ 7, こうくんねみちゃん プール 家 11, ゲーミングチェア 勉強 安い 7, 質問箱 メッセージ 匿名じゃない 10, 縁切り おまじない 転職 4, し てい ない 漢字 7,