angela atsuko 歌い方 15

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); RADWIMPSと言えば前前前世と言われると悲しい。おすすめの人気曲・アルバムランキング, BABYMETALからわかる柔軟な海外と頭の固い日本。おすすめの人気曲・アルバムランキング, angela KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M) 2007-12-12, Suck a Stew Dryはギターのフセタツアキが脱退した後は…。おすすめの人気曲・アルバムランキング. new! 果て無きモノローグ 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); アニメ大好きな管理人が、Youtubeから日本のアニメ主題歌(アニソン)をまとめているサイトです。, OP1. b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript 「merry-go-round」を儚かなげに歌いきると、次の曲は「Shangri-La」。もちろんこの曲はangelaライブ恒例となっているタオル曲だ。さらにatsukoの笛の音色に従って、お客さんも一丸となって笛で応える!! 出典:angelaのsparking!talking!show! アニソンのユニットというと、TWOMIXが有名で声優の高山みなみと永野椎菜のコンビが有名です。しかし最近では声優とは関係ないアニソンを中心的に歌っているユニット angelaの活躍を目覚ましいものです。その中でもatsukoさんが可愛いと評判が上っています。 劇団GAIA_crew代表、劇作家、演出家、俳優としても活動中。株式会社ウルトラシープ所属のクリエイターとして アニぱら音楽館(atsukoのみ。2014年2月 - 2017年12月、放送終了) ライヴ映像 … 11. new! サビに入るところで毎回鳥肌が立つ。 !(放送終了) angelaのキャララジオ~案ずるよりangela(放送終了) テレビ. メロディも歌声も素晴らしいとしか言えないangelaのデビュー曲。, 蒼穹のファフナーと言えばやっぱりこの曲。 !アニメ「とある魔術の禁書目録III」PV解禁!, 日本一のテレビ誌がお届けするエンタメ、芸能最新ニュース! 人気タレント・アイドルの最新エンタメ情報や、ドラマ・バラエティー・アニメなどの新番組速報、記者が集めた独占情報が満載! 芸能人データベース「スタ☆スケ」で最新出演情報もチェック!. 髭男 映画ドラえもん主題歌担当 angelaでは珍しい恋愛ソング。, この3曲が収録されている。 ダンスミュージックの要素も感じるangelaの乗れる楽曲。, 夏祭りの日は、この曲を流すべき。 Shangri-La Beautiful fighter new! 蒼穹 騎士行進曲 DEAD SET 12. angela屈指の名曲揃いのベストアルバム。, 【収録曲一覧】 )とKATSUはデビューシングル『明日へのbrilliant road』、アニメソングシーンに強烈なインパクトを与え、また自らの大きな転機となったとも語る2014年のシングル「シドニア」、そして底抜けに陽気な昨夏のシングル曲「全力☆Summer!」を3連投。一気呵成に“angelaの15年”を振り返ると同時に、たったの3曲で自身のディスコグラフィの多彩さをアピールしてみせた。, そして“太陽神”こと晴れ女であるatsukoが雨の予報の中、快晴に恵まれたことを“晴れたよ!”と喜び、また“出演キャンセルしようと思ったんですけど……”と時事ネタで笑わせたのち2人は、軽妙なMCと熱くテクニカルなプレイがつづら折りになったステージングを繰り広げる。原曲よりもさらに硬質な肌触りに仕上がった「Beautiful fighter」「ANGEL」を披露したかと思えば、今年5月の山梨・河口湖ステラシアターでの15周年記念ライブとこの野音公演の模様を収めたBlu-rayを“そのうちリリース”すると、ごくごくアバウトに発表。しかし直後にはIKUOのハードなスラップベースが唸る「僕じゃない」で3000人のぢぇらっ子の大合唱を煽り、哀切漂う「The end of the world」ではその客席からの万雷の拍手を集めた。, “終演後の打ち上げの席で生ビールを選ぶか? ハイボールを選ぶか? 二者択一”、“それが問題”とのatsukoのひとことから始まったのは、シリアスなロックナンバー「オルタナティヴ」(“二者択一”の意)。そのMCと楽曲のギャップで再び客席の笑いを誘うも、「蒼穹」ではmasshoiが高速ツーバスドラム、KATSUとIKUOがユニゾンプレイで魅せ、サポートミュージシャン陣と男女4人からなるダンサー陣によるインターミッション「接触」を挟み、キャバレージャズチューン「in your arms」と中川翔子への提供曲をセルフカバーしたアイドルポップ「キラキラ-go-round」ではYOKANらホーン隊を大フィーチャーしたグルーヴィなプレイとボーカルで野音中を踊らせまくっていた。, ライブ中盤はatsukoが蓮沼のピアノ1本をバックにジェントルに歌い上げる「愛すること」と、レゲエを基調としたレイドバックしたビートが印象的な楽曲「笑顔をみせて」というメロウな2曲で幕を開けるも、その後の展開は序盤と同様。ホーン隊を交えることで大胆に翻案した「未来とゆう名の答え」、ある種「全力☆Summer!」と地続きのポップチューン「蒼い春」、「シドニア」と並ぶダークトランスとマーチのマッシュアップナンバー「騎士行進曲」とバラエティ豊かな楽曲群でセットリストを構成する。さらに公式ファンクラブ会員から募集したangelaのイラストやマンガ、小説などをまとめた“薄い本”と、録りおろしMCをまとめた“トークCD”を今冬の『コミックマーケット』で頒布するかもしれないサプライズを提供したのちにも、“All Time Best”ライブながら、現在公開中の劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』の Episode 4、『Lost Small World 〜檻の向こうに〜』のエンディング主題歌にして、新曲「Lost Small World 〜檻の向こうに〜」をライブ初披露。KATSUがアコースティックギターをワイルドにストロークする最新モードのangelaを満天下にアピールして、またもぢぇらっ子を驚かせる。そしてぢぇらっ子たちがウェーブを繰り広げた「KINGS」と、大シンガロングを巻き起こした「SURVIVE!」という正調angelaナンバー2曲をドロップして、atsukoとKATSUはライブ本編を締めくくった。, 熱いアンコールに応えてステージに登場したのは、angelaとサポートメンバー、ダンサー、そして数十人に及ぶスタッフたち。一昨年の野音公演“LOVE & CARNIVAL”同様、ジャック・オー・ランタンやゾンビ、そのほか動物など、さまざまな仮装をしたバンド、スタッフ陣とハロウィンナンバー「That's Halloween」を踊りまくったatsukoとKATSUは、勢いそのままに「DEAD OR ALIVE」、さらには「Shangri-La」を連発。その「Shangri-La」ではatsukoとぢぇらっ子によるサンバホイッスルでのコール&レスポンスや、ぢぇらっ子による大サビの大合唱が展開され、野音が圧倒的な幸福感に包まれる中、atsukoは「正直、まだ歌い足りない!」とシャウト。「All Time Best」ライブが大団円を迎えたことを告げ、KATSUは「もう1回武道館に行きてえ!」と、そう外れはしないだろう16年目以降のangelaの未来予想図を高らかに叫んでみせた。. 04. シドニアの力強さと迫力のある音楽は、まさにangelaの魅力そのもの。 06. (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); 楽しい雰囲気が作れて、自然とテンションが上がるangelaの魅力的な楽曲が盛りだくさんのアルバム。, atsukoの歌声は独特なのでもしかすると好みが分かれるのかもしれないが・・・。 表現豊かな彼女の歌声に引き込まれる。 13. 11. 02. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; 10. The Winking Owlのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング! 一気呵成に“angelaの15年”を振り返ると同時に、たったの3曲で自身のディスコグラフィの多彩さをアピールしてみせた。 そして“太陽神”こと晴れ女であるatsukoが雨の予報の中、快晴に恵まれたことを“晴れ … 愛すること KINGS 08. in your arms ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; 10. 2018/10/27@東京・日比谷野外大音楽堂 彼女の歌声は、中島みゆきや松任谷由実をも彷彿とさせる魅力的な歌声だと私は思っている。, atsukoには、いつか日本アーティスト代表という立場で、オリンピックくらい大きな場で国歌斉唱してほしいと密かに思っている。. 07. Galactic material 14. over the limits EIEIO 05. 01. ニューシングル「SURVIVE!」を7月18日(水)にリリースするangelaへのインタビューを連続掲載!, アニソンを数多く手掛けるアーティスト・angelaがニューシングル「SURVIVE!」を7月18日(水)に発売する。本作は7月7日(土)より順次公開がスタートした劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」のオープニング主題歌となっている。, 今回「ザテレビジョン」では、angelaへのインタビューの模様を連続掲載。初回となる今回は、山梨・河口湖ステラシアターにて5月19日に行われた「デビュー15周年記念ライヴ」についての内容をお届け。7月15日(日)昼2時よりWOWOWライブで放送となる本公演の思い出や魅力をたっぷりと聞いた。, ――先日は「デビュー15周年記念ライヴ」を河口湖ステラシアターで開催されました。その模様が今度WOWOWで放送となりますが、振り返ってみていかがですか?, atsuko:河口湖ステラシアターは半野外のとても特殊な会場で、屋根を開ければ空が見えますし、後ろの扉を開けると広場が広がっていて開放的ですし、天気がよければ富士山も見えますし、とにかくすばらしい場所なんです。今回、花火を上げたり、ステージの後ろに大きなミラーボールをたくさん設置してそこに光を当てて会場を照らしたりと、いろいろな演出ができました。, でも、私は結構歌詞を間違えましたね(笑)。ただ、これはしょうがないんですよ。言い訳ではないのですが(笑)、ライブが夕方の5時スタートでまだ昼のように明るかった上、お客さんがすごく近い会場なので、全員の顔が見えるんです。なので「あっ、○○さん来てる!」とか、「××さん1列目じゃん!」みたいなことを、歌いながら考えてしまうんです(笑)。それで、歌詞がポーンと抜けたり、1番なのに2番の歌詞を歌ってしまったり。, 他にも、ちょっとしたアクシデントがあったので、曲を途中で止めて「もう一回やり直そう!」というところもありました。でも、15年やってきたからこそ「このまま行っても駄目だ、一回止めよう」と判断できましたし、それをお客さんも「やり直すんだね (笑)」みたいにアクシデントさえも楽しんでくれる、angelaの全てを見に来てくれて好きでいてくれる人たちが集まった空間だったなと思います。今まで15年培ってきた経験…歌詞を間違えておいて“経験”と言うのもおかしいですが(笑)、そういったものが全て詰まった、本当に幸せな時間でした。, KATSU:今回は15周年記念ということで、angelaがデビューしてから15年間で出会った人たちの力を演出に取り入れようと思いました。そこで、5枚目のアルバム「mirror☆ge」(2011年)のジャケット撮影などでお世話になった、“ミラーボーラー”というアート集団の方々にお声掛けして。ステージ後ろの広場にミラーボールを複数置いてライトアップしてもらい、それとangelaのコラボという感じで「2つの作品を一緒に見せる」という演出だったのですが、言葉では説明できないようなファンタジーさがありました。あまりに美しくて、撤収した時の虚無感もすごかったです(笑)。, atsuko:この日は前々からずっと雨の予報だったんです。雨だと単純にテンションが下がりますし、もし当日雨が降ったらステージの後ろも閉めたままになっていたので、ミラーボールも見せられない、花火も上げられないということで、実は用意していたことが全部表現できないという状況に陥る一歩手前だったんです。それが、当日は快晴で富士山も見えて。「私たち、持ってるな〜」と思いました(笑)。, KATSU:その日からみんな、atsukoさんのことを「太陽神」と呼ぶようになりました(笑)。, でも、確かに僕も当日まで雨を心配していました。演出として、最初は後ろも天井もフルオープンの状態で自然の中でのangelaを見てもらい、その後それらが一度閉まり太陽が沈んで、もう一度開いた時に景色が違う、ということをやりたくて。でも、そのプランが雨だと全部駄目になってしまうので。セットリストも晴れをイメージして構成していましたし。, それで、肝っ玉の小さい僕は天気予報のアプリを2個入れてチェックしていたのですが(笑)、2個とも当日は雨でした。それが2個とも前日の夜にころっと変わって、“明け方に少し降るけど、昼からは晴れ”といった予報になっていて。「嘘つき!」と思って2個ともぶち消しました(笑)。, ■ atsuko「『会場の魅力を最大限に引き出してくれた』と言われ、うれしかった」, KATSU:この河口湖ステラシアターは、日比谷野外大音楽堂などと比べてしまうと知名度の低い会場だと思うんです。やはり都心から日帰りでギリギリという距離もありますし。ただ、ここで1度でもライブをしたアーティストはその後何度もライブをするようになる、それだけの魅力がある、といううわさを聞いていたんです。実際、僕らも13周年の時に初めてここでライブをした(※「デビュー13周年記念☆拡大版 全部が主題歌ライヴ! THE LIGHTS OF HEROES 彼女の歌声の迫力と力強さが際立った楽曲。, 明るくキュートなatsukoの歌声が味わえる曲。 こんなのatuskoにしか歌えない。 “angela Live 2018 All Time Best in 日比谷野音”, 10/27、東京・日比谷野外大音楽堂でangelaのライブ“angela Live 2018 All Time Best in 日比谷野音”が開催された。angelaは10/24に『angela All Time Best 2003-2009 』『angela All Time Best 2010-2017』という、デビュー15周年を記念したベストアルバム2タイトルを同時リリース。今回のライブはこのアニバーサリーイヤーとベスト盤の発表を記念して開催され、当日の野音は指定席はもちろん、立ち見エリアまで全国のangelaファン、通称“ぢぇらっ子”であふれかえった。, この日の公演は特別仕様。“この15年で出会ったスゲー怪物を集めよう”というKATSU(G./Per.)の号令のもと、当日の野音にはIKUO(Ba.)、蓮沼健介(Key.)、YOKAN(Tp. 13. KIZUNA atsukoの高音の質の高さは異常。 出演者たちと観客すべてが不思議な一体感に包まれる一瞬だ。 Can you save my heart? d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))}) 長寿番組 ちちんぷいぷい終了へ ゆったりしたバラードの中にangelaの魅力が詰まった楽曲。, オルタナティヴは、サビの疾走感が癖になる楽曲。 Rhythmic Toy Worldのメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング! 09. 08. !」2016年開催)のですが、全てが味方になってくれるという素晴らしさを実感しました。, それは、専用電車を走らせてくれたり、駅に垂れ幕を飾ってくれたりと、町全体がアーティストにすごく好意的でウェルカム状態なんです。ライブでの火薬や火の使用も、一応の制限はあるのですがその範囲内なら何をやってもよくて。こちらからの「○○はできますか?」といった提案もどんどん受け入れてくれますし、僕らも他の野外ステージ全てを知っているわけではないのですが、日本で一番すごい野外会場だと思いますね。, 今回、会場までの電車のアナウンスもやらせていただいて。最初は「ご乗車ありがとうございます」みたいな感じでしゃべっていたのですが、だんだんとエスカレートしていき「それでは次の曲です。みんなで歌ってください」と言ったら本当にみんなで大合唱になりましたね(笑)。公共の乗り物で歌を歌うなんてカオスな光景ですが(笑)、それすらも許してくれる、ステージだけではなくそこに集まるまでの環境も含め、ステラシアターはすごいと感じました。理想が叶うステージです。, atsuko:ライブ後には、会場を管理されている方とお話しする機会がありました。その方はステラシアターで行われた数々のライブを見ていらっしゃると思うのですが、「この会場の見せ方や使い方を、これまでで一番、最大限に引き出してくれたライブでした」と言われ、すごくうれしかったです。オープンから20年以上経っている会場ですが、ステージ後ろの広場までもセットの一部として利用する方はあまりいらっしゃらなかったらしく、「設計者が描いた『こうあってほしい』というものを全てやってくれたのがangelaさんです」と言われたので、感無量でしたね。(ザテレビジョン), 超能力で“あの” タワーが砕け飛ぶ…⁉「モブサイコ100II」ディザービジュアル公開!, アニメ「アイドリッシュセブン」2期制作決定で保志総一朗、立花慎之介、羽多野渉らキャスト陣も大喜び!, 上条当麻、インデックス、御坂美琴、そして一方通行も! nano.RIPEはきみコの歌声でアニソン界を席巻、だが売れ行きは…。おすすめの人気曲・アルバムランキング, BILLIE IDLEⓇのウイカとモモセモモの歌唱力は魅力的だが…。おすすめの人気曲・アルバムランキング, 平成最後のヤバい美女…「ファーストサマーウイカ」さんが話題に! | ネットビジネスのまとめ速報, angelaのatsukoという歌唱力の化け物。おすすめの人気曲・アルバムランキング. 蒼い春 彼女達のアルバムは、まずこれから。 12. 彼女達のアニメソングの質がことごとく高いのは、スケールの大きい音楽で、非現実的なアニメの世界に見劣りしない音楽を作ってきたから。 Jump up! 「merry-go-round」を儚かなげに歌いきると、次の曲は「Shangri-La」。もちろんこの曲はangelaライブ恒例となっているタオル曲だ。さらにatsukoの笛の音色に従って、お客さんも一丸となって笛で応える!! 15. 三味線の音も雰囲気の良さに拍車を掛ける。 『 革命機ヴァルヴレイヴ 』は、豪華スタッフ&キャストが織りなす濃密な人間ドラマと圧倒的迫力で大好評を博した、星野桂キャラクター原案、サンライズ制作による、オリジナル・メカアニメです。主題歌もガンダムよりの良曲が揃っています。, そこで今回は『 革命機ヴァルヴレイヴ 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)をまとめてゆきます。. 僕じゃない -Janai version- ほとんどの男性声優の歌い方が受けつけない 704 : ななしいさお@オマエモナゆりかご会 :2012/07/19(木) 09:49:00.57 ID:fO1fLdi9O 男歌手全般やな。 atsukoの「cheers!」が時々無性に聴きたくなってしまう。 05. 04. merry-go-round KATSU:でも人から“これがangelaだ”と言われると、“どこのことを言っているんだろう?”と僕は思ってしまうんですよ。たとえば“atsukoの声とか歌い方なのかな?”とは思うんですけど、自分ではそれが何なのかわかっていないんですよね。 その2つが疾走感に拍車を掛け、爽快感を感じる楽曲。, angelaの中でも特にキュートな曲。 Stay With Me 09. Come on Yell for you かべ2 楽器も多彩で音も、atsukoの歌声も心地いい。 angelaのラジオdeぢぇらすGO! アニソン界を牽引する2人組アーティストユニット、angelaがデビュー15周年を記念したオールタイム・ベストアルバムを10/24にリリースする。2003年にキングレコードからデビューを飾って以来、様々なアニメ〜ドラマを彩る楽曲を生み出してきた2人。ここまでの集大成と言える今作は『angela All Time Best 2003-2009 』、『angela All Time Best 2010-2017』と題され、それぞれCD2枚組、2形態でのリリースとなる。それぞれのCDは15周年にかけて全て15曲収録、1形態につき30曲…つまり全60曲という大ボリュームだ。数々のアニメ作品を鮮やかに映し取った粒ぞろいの名曲を多数収録し、長年のファンに響くツボをついた選曲でありながら、入門編としても最高のアルバムと言えるだろう。路上ミュージシャンからスタートし、ロック〜ポップスからジャズやデジタルミュージックに至るまで多様なジャンルを貪欲に消化・吸収して作り上げた“angelaサウンド”は、まさに唯一無二。10/27には日比谷野外大音楽堂でのワンマン開催、さらに11/28には劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』エンディング主題歌ミニアルバムを発売予定と、とどまることを知らない2人に迫る表紙&巻頭10,000字インタビュー。, 「自分たちだけで試行錯誤しながら作れたことが、私たちが私たちになれた一番の理由かなって思います。不安ではあったけれど、その中でチャレンジを積み重ねて“angela”を作っていけたというのは本当に良かったなと。だから、“何々っぽいね”とも言われないのかな」, ●まずはデビュー15周年おめでとうございます。去年3月には初の武道館単独公演を成功されて、つい先日は“KING SUPER LIVE 2018”で東京ドームのステージに立たれたわけですが、15年前にこういった大舞台に立つことを想像されていましたか?, atsuko:全く想像していなかったですね。(デビューの段階で)2ndシングルまでは出せる予定だったんですけど、それ以降のことは下手に期待すると傷付くから考えていなくて。“きっとこれが最後だ”とリリースの度に思いながら、ずっとやってきました。, KATSU:1999年に一度別のレコード会社からデビューしたんですけど、“デビューが決まったよ、お母さん”と言った時に母親がすごく喜んでくれたんです。でも実際にCDを出しても全く売れなくて、お客さんも5〜6人しかいなくて…。, KATSU:そっか、8人もいたんだ…っていうくらいの感じで。当時所属していた事務所が期待するようなアーティストにもなれなくて、その時のトラウマがずっと心の中に残っていたんです。だから2003年に『明日へのbrilliant road』でキングレコードから再デビューした時も“ラストチャンスだ”という気持ちで挑みつつ、心のどこかで“どうせすぐ終わってしまうんだろうな…”と思ってしまう弱い自分もいて。その“弱い自分”と”必死にしがみつく自分”が常に共存している…というところからの始まりでしたね。, KATSU:やっぱり世間からは“1回デビューして売れなかった人たち”というレッテルを貼られちゃうんですよね。だから次にまたレコード会社からCDを出そうと思っても、そのイメージが常に付きまとって。それを背負っていくのが、重荷にはなっていました。, KATSU:その後で路上ライブをしている時に今のプロデューサーと出会って、『明日へのbrilliant road』のお話を頂いたんです。たまたまそれもアニメの主題歌(※TVアニメ『宇宙のステルヴィア』OPテーマ)だったんですけど、最初にお話を頂いた時に“実は1回デビューしたけど、売れなくて失敗しています。それでも良いんですか?”とこちらから訊いたんですよ。そしたら、その方が“そんなことは全然、関係ないです。僕はangelaさんのサウンドが好きだし、今から自分の作るアニメに必ず合うし、成功する未来しか見えない“と言ってくれて。“そんなことは関係ない”と言ってくれたことがすごく嬉しくて…そこからでしたね。, atsuko:やっぱり路上ライブをやっていると、“自称・プロデューサー”みたいな人がよく現れて。その場で私たちが販売しているCDを“俺の友だちが××(※レコード会社)にいるから渡してあげるよ。だから1枚ちょうだい”みたいな感じで買わずに持って行こうとする人がわりと多いんです(笑)。, atsuko:だから、そういうふうに声をかけてくる人を信頼していなかったんですよ。ただ、今のプロデューサーである中西(豪)さんはその場では“キングレコードの者です”とは名乗らずに、ただ路上ライブを観てからCDを買って帰られて。後日、電話がかかってきたという経緯なので、そこも好印象でしたね。, atsuko:そうですね。でも実はもう、その段階では諦めが出てきていて…。既に路上ライブも3年くらいやっていたので、限界を感じていたんですよ。20代も後半になってきて、道端で毎日のように歌っても代わり映えしなくて。自分の想定内のライブばかりで疲れてきて、“もう解散しようか”と話していた直後にキングレコードから声をかけて頂いたんです。, atsuko:だから、本当に一筋の希望の光のような…。でも希望の光のはずなのに、そこに対する確固たる信頼も最初はなかったんです。“期待したら裏切られる”みたいな感覚が抜けなくて、微妙な感じでしたね(笑)。ただ、“これがラストチャンスだろう”というのは、お互いの共通認識としてありました。, atsuko:そのプロデューサーが、実に“プロデューサー”っぽくない人で。大学生みたいな見た目で、歳も私たちと一緒だったんですよ。しかも“もっとこういう音色じゃないとダメだよ”とか“歌詞はもっと万人受けするようなものじゃないと”みたいなことを全く言わない人だったんです。, atsuko:むしろ大事なデビュー曲のレコーディング現場にもいなかったんですよ。それも本来なら“ん?”っていう感じなんですけど、本人に話を聞くと“僕は2人の音楽性を信じているし、それまでにもデモテープ作りの段階で何回も聴いているから、レコーディング本番は2人にお任せしたい。何時間もスタジオに座って一緒に聴いているより、その間に少しでも外に出て次の仕事を探したり、これからの道筋を決めてくるのが僕の仕事だと思うんです”と言われて。それを聞いて、“すごい人だな”と思いました。, ●実際に『明日へのbrilliant road』で再デビューした時の反響は、どうだったんですか?, atsuko:『明日へのbrilliant road』を出した時は、インストアライブにもたくさんのお客さんが来てくれて。デビューの日に池袋の東武百貨店でフリーライブをやったんですけど、その場所でそれまでにやったイベントでのCD売上枚数の1位になったりしたんです。, atsuko:その当時は、まだ路上ライブもやっていて。“さいたま新都心の隣のけやきひろばで路上ライブをやります”とラジオで言ったら、ものすごい数の人が来ちゃって…見たことがないような光景でしたね。ライブが始まる前に物販用のCDが売り切れちゃったので、KATSUさんがCDを取りに家まで1回帰ったんですよ。お客さんに“今、CDを取りに帰っているので、ちょっと待って下さい”と言う、謎の路上ライブでした(笑)。, atsuko:あんなに人生が変わらなかった『memories』と、ある日突然、劇的に変わった『明日へのbrilliant road』という、本当に真逆の“デビュー”で。なかなか稀有な体験ができましたね(笑)。, atsuko:今思えば、そうですね。そこから“年末にはオリジナルアルバムも出しましょう”とか“来年も『蒼穹のファフナー』という作品を仕込んでいるのでその曲を作って下さい”とか、どんどん仕事が入ってきたんですよ。それでも作っている時は毎回“まあ、これが最後だろう”と思っていて…、その感覚は全然抜けなかったですね。, atsuko:私たちはキングレコードのアニメの部署にずっと所属しているんですけど、私自身は元々アニソンやアニメのことを全然知らないまま、ここに来てしまったんですよ。今でこそ“アニソン歌手になりたい”という志を抱いて入ってくる人も多い中で、本当に全然知らないまま入ってきて。その年に“STARCHILD DREAM in KOBE”という数千人規模のイベントに出たんですけど、そこで“声優さんの人気ってすごい!”というのを目の当たりにしたんです。声優さんのCDがすごく売れているというのも知って、そんな中に身を置いていると“いや、私たちなんてそんな…”みたいな卑屈な想いがまた生まれてきて…。, atsuko:“声優さんで盛り上がっているところに何ですが、angelaです”みたいな感じでステージに出ていくっていう(笑)。ただ、お客さんたちはすごく優しくて。アニメファンの方たちって、誰に対しても盛り上がってくれて、温かいんですよ。本当に“優しいな”と感じましたね。, atsuko:普通はミュージシャンって、“俺たちの想いを込めて作った曲を聴いてくれ!”みたいなスタンスがあるわけじゃないですか。でも私たちは、そのアニメに合う曲を作ることを一番に考えているんです。だから“このアニメにはロックが合うだろう”と思ったらロックな曲を作るし、“このアニメにはキラキラしたポップスが合うな”と思ったらそういう曲を作るし、ジャジーなものが合いそうだと思ったらそれを作るので、ジャンルの統一性がないんですよ。だからこそ面白いことが色々できたし、新しい音楽性へのチャレンジもできたし、そうやって色んなものを吸収して、今のangelaになったんだなという想いがあって。, KATSU:90年代はCDが一番売れている時代だったんですけど、そういう中でも僕らはなかなかデビューできなくて。“どうやったらデビューできるんだろう?”と考えた結果、“売れている音楽を作ることができれば自分たちもデビューできる”と思い込んじゃったんです。, KATSU:たとえば小室哲哉さんのTKサウンドみたいなものを自分たちも極めれば、デビューできると思っていて。だからそういうものをすごく勉強して、曲を作っていたんです。その後に渋谷系と言われる70年代のソウルをルーツにした都会的でオシャレな音楽が流行っていた頃は、そういう音楽を作ろうとしたり…。, atsuko:その後にZARDやビーイング系の音楽が流行っていた時は織田哲郎さん風の楽曲もやりましたし、CHARAさんが流行れば私はウィスパーボイスで歌っていましたし…。ポリシーがなさすぎるっていう(笑)。, KATSU:ジャジーな曲をやるようになったキッカケも元を言えば、EGO-WRAPPIN'やorange pekoeあたりがブームだった時に、“これができればデビューできる”と思い込んでいたからなんですよ。全てはデビューするための手段だったんです。, ●それくらいデビューへの想いが強かったからこそ、結果的に色んな音楽を吸収できたわけですよね。, atsuko:そうですね。キングレコードからデビューするまでに、90年代の色んなものを吸収してきたけど…結局はどれも二番煎じでしかないっていう(笑)。, KATSU:あと、『memories』の時に所属していた事務所の社長に認めてもらえればデビューできると、僕は思い込んでいたんですよ。この社長に“こいつら、すげえ!”って思わせないとデビューできないと考えていたので、どんなに体調を崩そうが、とにかく1週間に1曲作って、やる気をアピールしていたんです。手を変え品を変え…みたいな感じで作り続けていたので、本当に色んなジャンルを取り込むことができて。しかも早いスパンで曲を作る技術も、身に付いたんですよね。, KATSU:普通のバンドはロックだったらロックだけを突き詰めると思うんですけど、angelaの場合は路上ライブでも色んなジャンルの曲をやっていて。当時はオーディションに応募したりもしていて、審査員の方から“君たちは何をやりたいのかわからない”と言われていたんです。確かに色んなことをやりすぎていて、自分たちに“これだ!”というものがないのは弱い部分かなと思っていましたね。, KATSU:でもデビューしてから頂いたタイアップの中には、宇宙を舞台にしたロボットの話もあれば、学園モノもあったし、『ヴァンパイアホスト』みたいな深夜ドラマもあって。“深夜ドラマで舞台が新宿だから、これはビッグバンドが合うだろう”みたいな感じで作ったのが、「in your arms」(TVドラマ『ヴァンパイアホスト』OPテーマ)だったんです。そういうものも自分の引き出しから出せたことで、“苦肉の策で身に付けたものがこの世界ではすごく役に立っているな”と感じられましたね。, atsuko:元々は全て二番煎じの“真似っ子”なんですけどね(笑)。でもほとんど全てのミュージシャンは、誰かのカバーから入るわけじゃないですか。そこからどれだけ自分のカラーを出して、オリジナル曲を作っていくかが大事だと思うんです。, atsuko:私自身もそれこそビーイング最盛期の頃は、本当に大黒摩季さんそっくりの時代もあって(笑)。そういうことを散々やったし、“何がやりたいのかわからない”とオーディションでも言われていたのに、今では“唯一無二のボーカル・atsuko”みたいに書かれていたりするのを見ると自分でも“おかしいな…?”と思うんです。“そんなんじゃないんだよ、私は!”っていう(笑)。, atsuko:だって“唯一無二の歌声を持つ”とは、真逆じゃないですか。ZARDからCHARAさんまで色んな人の歌い方を散々真似てきたのに、そういう感じでangelaを紹介して下さっているのを見ると、不思議な気持ちになりますね(笑)。, ●それだけ色んな歌い方ができるという意味で、唯一無二のボーカリストなんだと思います。, atsuko:ああ〜、確かにそうですね。主人公が戦うようなアニメの主題歌を歌わせて頂くことが多いので、そういうところで見せる力強さとかがangelaのカラーではあると思うんです。でもたまに学園ギャグものとかの曲をやらせて頂く時は、また違う歌い方で。TVで初めて聴いた人がテロップに“主題歌:angela”と出た時に、“ええっ! これもangelaだったの?”と言われたりするんです。“私は私でしかないけど、聴く人によっては驚かれたりするものなんだな”と思ったりして。それは確かに過去に積み重ねてきた色々な経験があってこそなんだろうなとは思いますね。, ●今回ベスト盤2作で全60曲を一気に聴かせて頂いて思ったのが、atsukoさんの歌は“少女”から“悪女”まで演じているような振り幅があるなということで。, atsuko:それも作品に合わせただけなんですけどね。作品に合わせて作ると大人っぽくなることもあれば、ギャグっぽい感じになることもあって。ファルセットやヴィブラートはよく使う手法ではあるんですけど、そういうものを全く封印してデジタルなサウンドの声に加工して歌うこともあるんです。でも“こんなの私じゃない!”とは全然思わないんですよね(笑)。“こういうのも面白いな”という感じでやれるので、そこは柔軟だと思います。, atsuko:私はわりと飽きっぽいんですよ。だから、同じような曲は作りたくなくて。曲調としてはマイナー調でアップテンポなものを望まれることがここ15年くらいでは一番多いんですけど、その中でも音楽性や歌い方をどう変えていくかというのを常に考えています。“こういうものを作っておけば合うでしょう?”みたいなのはイヤなので、“自分たちだったらどうするか?”ということを考えながら作っていますね。, ●“自分たちだったらどうするか?”を常に考えることも、オリジナリティにつながっているんでしょうね。, atsuko:やっぱりデビュー曲のレコーディングから、プロデューサーが現場にいなかったというのが一番大きかったというか。普通は(新人アーティストの)デビューというのは、レコード会社にとって大きなプロジェクトじゃないですか。だからプロデューサーが“こういうふうに歌って”と助言したり、今後の売り方とかも色々と考えたりするものだと思うんですよ。でも私たちの場合は、そういうものが全くなくて(笑)。自分たちだけで試行錯誤しながら作れたことが、私たちが私たちになれた一番の理由かなって思います。, atsuko:たぶんベテランの音楽プロデューサーの方に付いてもらって、“こうすれば良いんだよ”という感じで最初から道筋を示されていたら、精神的にはすごく安心しただろうなと思うんです。私たちはそういうものがなくて不安ではあったけれど、その中でチャレンジを積み重ねて“angela”を作っていけたというのは本当に良かったなと思います。だから、“何々っぽいね”とも言われないのかなって。, KATSU:現プロデューサーの中西さんが、“angelaさんの作るものが正解なんで”みたいなスタンスでいてくれたことが大きくて。そういう意味では、angelaのコントロールが一番上手いというか。“この人たちは自由に動かしているほうが、良いものができるな”というのを最初の段階からわかっていたのかなって思います。, KATSU:だから15年経った今でも、中西さんに対しては不信感みたいなものが一切なくて。事前にデモを作って“ああでもないこうでもない”というやりとりをしているからというのもあるし、本当に違うものにはちゃんと“違う”と言ってくれるし、完全に野放しというわけではないんですよね。レールをちゃんと敷いてくれた上で“さぁ、angelaさん、好きに走って下さい。それが正解です”というプロデュース法なんですよ。, ●“これが正解だ”と提示されないので自分たちで探さなければいけないけれど、だからこそ“自分たちなりの正解”を見つけられたのかなと。, atsuko:“正解”って、意外と1つじゃないなと気付いたんです。その時その時で色んな選択肢が生まれるじゃないですか。人生においても、レコーディングにおいても、歌詞を書く時においても、そこで自分が選んできたものの先が“正解”でしかないから。, ●そういう意味では今回のベスト盤の60曲は、60個の“正解”でもあるのかなと思うんです。そこは自信もあるのでは?, atsuko:もちろん自信を持って作れたものもあるけれど、中には“これで本当に大丈夫かな…?”と思いながら作ったものもあるんですよ。でも“この時はこれが精一杯だったな”というものを受け入れることによって、今に道が続いているなとも思っていて。もちろん“これが転機になったな”という曲もあるんですけれど、全ては同じ道なんですよね。, atsuko:ありがたいことに、私たちは移籍を繰り返したりはしていなくて。キングレコードになってからはずっと変わっていないし、事務所もずっと同じなんですよ。そういう意味では“心機一転、裸一貫でやってまいります!”みたいなこともなく、全ての道がつながっているという安心感はありますね。それもありつつ、その道を“どういうふうに装飾していこうかな”とか“ここまでは自転車で来たけど、ここからはアメ車を買っちゃったからそれに乗っていこうかな”みたいな感じです(笑)。, atsuko:ベーシックな安心感があるからこそ、チャレンジできるのかなって思います。本当に明日をも知れないような感じだったら、そういうことはできないと思うんですよ。レコード会社も信頼してくれているし、事務所も“家”みたいな信頼感だし、メンバー2人の付き合いも長いし、だからこそ新しいチャレンジもできるというか。“ちょっと変なことをやっちゃいますけど、大丈夫ですか!?

楽天トラベル 初めて利用 ポイント 2020, クリスタ 回転 ショートカット 変更, ラクマ ジョーダン 偽物, セスキ炭酸ソーダ 重曹 クエン酸 使い分け表, 確定拠出年金 新入社員 いくら, フォルダ 並び替え 固定, 子供 体臭 臭い, スカイウェイブ オイル交換 値段, Css 背景色 一部, アフタヌーンティー チケット 延長, リカちゃん ボーイフレンド 服 作り方, パーカー インナー 見せる レディース, E7系 廃車 編成, 戸塚 東急プラザ 駐 車場, ゴッドファーザー カクテル 女性, カルパッチョ ドレッシング レシピ プロ, Adobe Premiere 音声編集, パワーポイント 枠 文字, Usbケーブル A-a 2m, ヒロアカ 270話 感想, ルブタン リップ 高い, 広島 から 沖縄ツアー, 公務員 うつ病 転職, ディズニー シャトルバス 時刻表, 手土産 果物 6月, 幸楽苑 テイクアウト 方法, ごぼう ポタージュ ホットクック, ステータスバー は どこに あります か,