zard 全曲 数 8

あなたに帰りたい, 今すぐ会いに来て It’s a Boy, 不思議ね… 女でいたい 愛は眠ってる 君と今日の事を一生忘れない, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 05/04 愛媛県県民文化会館・サブホール (愛媛県) 好きなように踊りたいの サヨナラは今もこの胸に居ます 愛は暗闇の中で 03/05 イオンシネマ幕張新都心 (千葉県) I can’t tell セパレート・ウェイズ 02/10 仙台イズミティ21・大ホール (宮城県) 少女の頃に戻ったみたいに 05/03 広島市文化創造センター・大ホール (広島県) あなたと共に生きてゆく good-night sweetheart 来年の夏も 今日も 04/05 神戸国際会館・こくさいホール (兵庫県)※ 突然 : 雨が降り出す前に, グロリアス マインド 2007年12月12日 : Seven Rainbow, かけがえのないもの 2004年6月23日 天使のような笑顔で ZARD(ザード)は、日本の女性歌手・坂井泉水を中心に結成された音楽ユニット 。1991年始動。芸能事務所はSENSUI。レコード会社はビーイング、レーベルはB-Gram RECORDS。 ZARDは坂井泉水を中心とした音楽ユニット。90年代に数々のミリオンセラーを記録した。→ ZARD公式サイトZARDのシングル全曲一覧(注)「:マーク」の曲はカップリング。Good-bye My Loneliness 1991年2月10日: 05/24 堂島リバーフォーラム (大阪府) こんなに愛しても 遠い日のNostalgia 02/24 TOHOシネマズくずはモール (大阪府) 眠り 05/27 TOKYO DOME CITY HALL (東京都), 02/10 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (東京都) 04/13 札幌市教育文化会館・大ホール (北海道) 02/24 TOHOシネマズアミュプラザおおいた (大分県) 06/02 名古屋国際会議場・センチュリーホール (愛知県)※ 07/23 日本武道館 (東京都)※, 10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』を引っ提げて敢行した初のライブツアーであるホールツアー。当初は3会場3公演の予定だったが、追加公演を組み込み9会場11公演となった。, 09/06 大阪フェスティバルホール (大阪府)※ 05/25 堂島リバーフォーラム (大阪府) : 愛は暗闇の中で, あなたを感じていたい 1994年12月24日 03/10 アースシネマズ姫路 (兵庫県) Season Dangerous Tonight 05/27 TOHOシネマズ梅田 (大阪府)※, アニバーサリーイヤーを終えてからもZARDの曲を歌い継いでほしいという思いから開催されたフィルムライブ。今回の上映ではドルビーアトモスを導入している。また、初日のTOHOシネマズ六本木ヒルズ上映では舞台挨拶が行われた。, 05/02 東京文化会館 大ホール (東京都) ZARD(ザード)は、日本の女性歌手・坂井泉水を中心に結成された音楽ユニット[3]。1991年始動。芸能事務所はSENSUI。レコード会社はビーイング、レーベルはB-Gram RECORDS。, 各メンバーの脱退時期は所属事務所から正式には公表されていない。以下のメンバーがかつてZARDのメンバーとして表記され、このメンバーでテレビ出演やライブも行っていたが、その後メンバーとしてクレジットされているのは坂井のみとなっている。, 1990年代に女性ソロアーティストとして最も多くのCD売上げ枚数を記録しており、シングルでは「負けないで」「揺れる想い」「マイ フレンド」がミリオンセラーとなっている[5]。また、アルバムでは1992年発売の『HOLD ME』から1999年発売の『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』まで9作が連続でミリオンを達成しており、史上最多記録である(オリコン調べ)。, オリコン平成セールスランキングでは累計3763.3万枚でアーティスト総合8位にランクインしている(シングルは1773.3万枚で8位、アルバムは1990.0万枚で6位)。, 2007年に坂井が逝去した後は残された音源を元に作品の制作やフィルムコンサートなどが、プロデューサーの長戸大幸を中心とする制作スタッフによって行われていたが、2016年2月10日にデビュー25周年を記念して発売されたベストアルバム『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』を機に作品の発売は正式に幕を閉じた[6]。, プロジェクト名は「Lizard」「hazard」「blizzard」「wizard」といった単語からとった造語[7]。マイナス要素の強い単語がロックのイメージに繋がっているところから[7]。坂井泉水は「プロデューサーの長戸大幸がつけた」とファンクラブの会報で述べている[要出典]。, 2004年に行われた初ライブ・ツアーのパンフレットによると、「ZARDは坂井泉水を中心としたユニット名」と書かれており、この時点での固定メンバーは坂井のみであるが、2ndアルバム『もう探さない』から5thシングル「IN MY ARMS TONIGHT」ではギター・町田、ベース・星、ドラム・道倉、キーボード・池澤の名前が表記されている。『もう探さない』のブックレットには他メンバーの写真も掲載されており、ZARDはバンド編成だった時期がある[8]。, 初のベストアルバム『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』発売時に寄せられたメッセージの中では、デビューシングル「Good-bye My Loneliness」のミュージック・ビデオのディレクターだった岩井俊二が「ZARDは1人だった」と発言している。, 町田、池澤の脱退は具体的な時期は不詳[4]だが、「君がいない」の発売当時にTBS系『COUNT DOWN TV』等でオンエアされていたミュージック・ビデオには、坂井、町田、池澤がミーティングをしているカットが挿入されており、その存在が確認できるものの、以後発売されたシングルやアルバム曲のミュージック・ビデオに彼らの姿を確認することはできない。また、1995年に発売された「Just believe in love」の録音では、表記はなかったもののギターは町田ではなく、編曲を担当した葉山たけしによるものと『J-Rock Magazine誌』1995年6月号で明言されている。, 1996年に発売されたアルバム 『TODAY IS ANOTHER DAY』以降は「Additional〜」という表記で、サポートメンバーの形でギター・葉山たけし、増崎孝司、ベース・明石昌夫、キーボード・小野塚晃、池田大介、サックス・勝田一樹らの名前が表記されている。, メディア露出が少なかった事について、プロデューサーの長戸大幸は以下のような理由だと語っている[7]。, また、メンバーの町田文人は2018年7月20日放送のテレビ東京系列『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』に出演[10]し、以下のような理由だと語っている。, ほぼ全ての楽曲の作詞は坂井が担当している(例外として1st アルバム『Good-bye My Loneliness』に収録されている「恋女の憂鬱」と「女でいたい」の2曲の作詞は川島だりあが担当している)。また、「君がいない」と「Boy」に関してはクレジット上は坂井名義だが、栗林誠一郎の詞に坂井が手を加えたものである。ただし、「Boy」は歌い出しの部分を「Girl 今でも」から「Boy 今でも」に変えた以外は全く別の歌詞である。, 2ndシングル「不思議ね…」のカップリング「素直に言えなくて」、2ndアルバム『もう探さない』収録の「いつかは…」、16thシングル「サヨナラは今もこの胸に居ます」のカップリング「眠り」、42ndシングル「ハートに火をつけて」のカップリング「君へのブルース」の4曲は坂井自身の作詞作曲作品である。, 作曲・編曲はほとんど同じメンバーで行われており、作曲は1991年-1999年頃まで織田哲郎、栗林誠一郎、それ以降は徳永暁人、2003年以降はほとんどの曲を大野愛果が担当している。編曲は98年まで明石昌夫、池田大介、葉山たけしが務めており、それ以降は徳永暁人、99年は古井弘人(GARNET CROW)が中心的に務めていた。葉山たけしもビーイング脱退後、2004年以降外注で再び編曲を行っている。なお、1stシングル「Good-bye My Loneliness」のカップリング「愛は暗闇の中で」では、共同編曲として寺尾広と共にZARDがクレジットされている。, 上記以外にも、単発で多くのアーティストが作曲、編曲を行っている(TUBEの春畑道哉、PAMELAHの小澤正澄、元day after tomorrowで現ストロボの北野正人、元GARNET CROWの中村由利・岡本仁志、など)。徳永暁人や大野愛果は、初めてZARDの作曲を手がけた当時はそれぞれデビューして間もない頃であったが、その後もZARDの多くの作曲を担当することになった(徳永は「永遠」、大野は「少女の頃に戻ったみたいに」)。, 1991年、倉木麻衣の父親である山前五十洋氏にスカウトされてモデル活動をしていた坂井泉水がB.B.クィーンズのコーラスオーディションを機にプロデューサー長戸大幸に才能を見出され、テレビドラマ『結婚の理想と現実』の主題歌歌手として抜擢され、シングル「Good-bye My Loneliness」でメジャーデビュー。デビュー曲ながら最高位9位、20万枚を超えるヒットとなった。デビュー直後のZARDは坂井のソロプロジェクトであり、まだ音楽制作に不慣れな坂井を長戸が傍でサポートしていた。2ndアルバム『もう探さない』からバックバンドの4人がクレジットされ、1993年2月前後までバックバンドのメンバーがついていた。, 1992年8月、生放送音楽番組ミュージックステーションに初出演し、4thシングル「眠れない夜を抱いて」を披露。タイアップとTV出演効果もあり45万枚を超えるロングセラーを記録。続く5thシングル「IN MY ARMS TONIGHT」も30万枚を超えるヒットに。同月にリリースした初のフルアルバム『HOLD ME』は最高2位を記録し、翌年にはミリオンセラーになるなどブレイクのきっかけに繋がった。同時期に初のライブツアーを予定していたが、坂井以外の出演メンバーが決まらず直前に急遽中止となる。, 1993年、6thシングル「負けないで」が4週目にして自身初のオリコンチャート1位獲得しミリオンセラーを記録し大ブレイク。2月のミュージックステーション5回目の出演を持って一切メディア露出がなくなるが、その3ヶ月後、大塚製薬”ポカリスエット”CMソングに起用された8thシングル「揺れる想い」もミリオンセラーを記録。この2曲を収録した4thアルバム『揺れる想い』は220万枚超の売上を記録し、この年の年間オリコンアルバムチャート1位を獲得。同年のシングル「君がいない」「もう少し あと少し…」「きっと忘れない」も全て売上げ80万枚を突破。ビーイングブームの代表格となり、この年のオリコンアーティストトータルセールスの1位を獲得。, 1994年 - 1996年は、オリコンシングルチャート2位以内、アルバムチャート1位を維持。この3年間に発売された「この愛に泳ぎ疲れても」「こんなにそばに居るのに」「あなたを感じていたい」「愛が見えない」「心を開いて」など8枚のシングルの平均セールスは75万以上と軒並み大ヒットし、1996年発売の17thシングル「マイ フレンド」では自身3枚目のミリオンセラーを記録。オリジナルアルバムも5thアルバム『OH MY LOVE』が200万枚、6thアルバム『forever you』は177万枚、7thアルバム『TODAY IS ANOTHER DAY』は165万枚と立て続けにミリオンセラーとなった。また、1994年のDEEN「瞳そらさないで」、1995年のFIELD OF VIEW「突然」といった坂井が作詞提供した楽曲もミリオンセラーを記録した。, 1997年は「Don't you see!」「君に逢いたくなったら…」「永遠」が60万枚を突破。同年発売されたサマーベストセレクションアルバム『ZARD BLEND 〜SUN&STONE〜』もオリコン1位、200万枚を突破する大ヒットとなった。, 1998年には人気アニメ”名探偵コナン”の主題歌に初起用された「運命のルーレット廻して」がオリコン1位を獲得。1997年から1998年の間には全9枚のシングルを発売し、全てオリコン最高3位以内を記録。, 1999年第1弾シングル「MIND GAMES」がオリコン1位を獲得し、シングルでは93年以降7年連続の首位獲得(通算12作品)。8thアルバム『永遠』は初登場1位を獲得しミリオンセラーとなり、その直後に発売した初のベストアルバム『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』は自身最大の300万枚超え、秋に発売した第2弾ベストアルバム『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』も150万枚を記録し、アルバム9作連続のミリオンの偉業を達成。オリコンの年間アーティストトータルセールス3位を獲得。また、ベストアルバム購入者から入場者を抽選招待する船上ライブを行った。, 2000年夏、NHKシドニーオリンピックのテーマ曲「Get U're Dream」をリリースし、久々にテレビでコメントのみ出演し話題に。, 2001年2月にデビュー10周年を記念して9thアルバム『時間の翼』発売、オリジナルアルバム最後のオリコン1位を獲得。この頃、坂井泉水が体調不良になり、1年間活動を休止した。11月には秋冬向けのセレクションアルバム『ZARD BLEND II〜LEAF & SNOW〜』を発売するも休養中であることは当時は伏せられていた。, 2002年5月、「ZARD第二章スタート」というキャッチフレーズをつけ、34thシングル「さわやかな君の気持ち」で活動再開。, 2003年、「明日を夢見て」「瞳閉じて」「もっと近くで君の横顔見ていたい」と精力的にシングルを発売。夏にはB'zの松本孝弘とのコラボでカバーした「異邦人」が15万枚を超えるロングヒットを記録。, 2004年、1月に3年ぶりの10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』を発売し、デビュー14年目にして初となる全国ツアー「What a beautiful momet」を開催。, 2005年4月にリリースされた両A面シングル「星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように」が、1999年リリースの「世界はきっと未来の中」以来約6年ぶりとなるオリコン最高位2位を獲得。同年6月にDVD『What a beautiful moment』を発表(発売月のオリコン月間チャート1位)。9月には11thアルバム『君とのDistance』を発売。, 2006年3月に2作連続となる両A面シングル「悲しいほど貴方が好き/カラッといこう!」、5月に「ハートに火をつけて」を発売し、オリコンTOP10獲得数を歴代単独2位の「40」に伸ばした。同年10月25日に、15周年記念のベストアルバム『Golden Best 〜15th Anniversary〜』、活動15年間の編集映像を集めたDVD『ZARD Le Portfolio 1991-2006』、それまでに発表された坂井泉水のCDジャケットを集めた写真集を同時発売。オリコンアルバムチャート・DVDチャート(総合・音楽)共に初登場1位を獲得し二冠を達成した。, その後、2007年秋を目途に2年ぶりのオリジナルアルバムと3年ぶりのライブツアーが計画されていた。, しかし、2006年4月9日に東京都内で行われた「ハートに火をつけて」のPV撮影直後の晩、坂井は体調が急変し救急搬送、その後の検査で子宮頸癌と診断され2006年6月に入院。手術後は回復に向かいつつあったが、2007年4月には肺への転移が発見され再度入退院を繰り返していた。同年5月27日、入院中の病院で脳挫傷により死去(享年40)。倒れているのが発見された階段付近が、坂井が入院中の散歩の際によく休憩に立ち寄っていた場所とのことから、 5月26日の散歩帰りに階段から転落し後頭部を強打したと推測されている。, 坂井の追悼アルバムとして『Soffio di vento 〜Best of IZUMI SAKAI Selection〜』『Brezza di mare 〜dedicated to IZUMI SAKAI〜』の2枚が発売される。また同時発売の書籍『きっと忘れない』で、ラストレコーディングソング「グロリアス マインド」の歌詞が掲載された。同曲は2007年9月に実施した追悼ライブで多くの未公開映像と共に初披露され、43rdシングルとして2007年12月12日に発売され、「星のかがやきよ/夏を待つセイル(帆)のように」以来のオリコン最高位2位を記録した。, また2007年6月から公式サイトなどでファンによるリクエストアルバムの収録曲をアンケート募集した。集計を行う際、50万通もの多くの応募があったため、当初の発売予定から遅らせての発売となる。なお「負けないで」などの楽曲は死後の追悼ライブの音源が収録されている[12]。さらにすでに発売されていた「グロリアス マインド」もリクエストがあったため収録となっている。このアルバムは『ZARD Request Best 〜beautiful memory〜』のタイトルで2008年1月23日に発売され、オリコン最高位1位を獲得した。, 2008年4月9日、44thシングルとして未発表曲と1stシングル「Good-bye My Loneliness」のカップリング曲のリアレンジバージョンを収録した両A面シングル「翼を広げて/愛は暗闇の中で」が発売された。, 同年5月28日、全44枚のシングルと特典DVDがセットになった『ZARD Premium Box 1991-2008 Complete Single Collection』が発売された。, 2009年5月27日、3回忌を迎えるにあたり、45thシングルとして2ndシングル「不思議ね…」のカップリング曲をリアレンジしたシングル「素直に言えなくて」が発売された。, 2015年12月31日にはパシフィコ横浜国立大ホールにて、フィルムコンサートとギャラリー展『ZARD 25th Anniversary Eve 〜Screen Harmony & Gallery〜』が開催[13]。, 2016年2月10日、デビュー25周年を記念して、オールタイムベストアルバム『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』を発売し、ロングヒットを記録[13]。, 2020年2月10日、デビュー30周年記念企画の一環として、8cmシングル30タイトルをマキシシングル化してリリース[14]。, 2020年6月27日、デビュー30周年記念企画の一環として、全国ライブツアー「What a beautiful moment Tour」(2004年)のフルHD化した映像を、全国の映画館で上映する[15]。, 坂井泉水の死去をきっかけにZARDが社会に与えた影響を総括しようとする試みが一般のメディアの間でも見られるようになった。2007年6月18日の『クローズアップ現代』(NHK)[16]では「時代を励ました歌」と題して特集を放送し、ZARDの音楽に励まされてきたファンの声を紹介した。この番組にゲスト出演した音楽評論家の富澤一誠は、岡林信康、吉田拓郎、尾崎豊といった日本のポピュラー音楽史の重要人物と比較対照しつつ、ZARDの音楽のあり方を“時代の伴走者”と規定した[17]。年末には坂井の特集記事を組む全国紙もあった[18]。亡くなる前はCDの売り上げ等のランキングが全て3桁であったが、亡くなった直後から全て1桁になり、あちこちの中古CDショップでは売り切れ続出、店舗によっては特設販売コーナーも設けられ、尾崎豊、マイケル・ジャクソン同様、亡くなってからファンになった、興味を持ち始めたという人も多かった。特に「負けないで」が高校野球の応援の演奏曲として頻繁に使われるようになり、2014年には全国400校で採用される英語の教科書でも掲載されることが決まった。, こうした事により、プロデューサーである長戸が2015年に『ZARDの楽曲を “永遠のスタンダード・ナンバー” としてZARD世代だけでは無く、知らない世代にも永遠に歌い継いで欲しい。』『坂井さんが亡くなり、新しい音源が生まれない今、手元にある全てを出し尽くした。』[19]と言う意義から、ZARDのデビューから25周年にあたる翌2016年には、実質的に “最後” のベストアルバムとして『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』が発売となった[6]。, ZARDはこれまでに11枚のスタジオ・アルバム、4枚のコンピレーションアルバム、5枚のベストアルバム、1枚のライブアルバム、45枚のCDシングル、8つの映像作品、3つのボックスセットを発表している。このうち坂井泉水の没後に発表されたのはCDシングル2枚、コンピレーションアルバム2枚、ベストアルバム2枚、映像作品6作、ボックスセット3作である。, 2019年4月時点でのシングル売上は1773.3万枚、アルバム売上は1990万枚となっており、CD総売上枚数3763.3万枚を誇る。この記録は平成時代のアーティスト別トータルセールスランキングで9位となっている[22]。, 自身最大の売上を記録したアルバム『ZARD BEST The Single Collection〜軌跡〜』はこれまでに303.4万枚以上を売り上げており、オリコン調べによる歴代アルバムランキングでは20位にランクインしている。没後も高い人気を誇り、2016年発表の現時点で最後のCD作品『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』は14万枚に届く売り上げを記録した。, ※ 全て、生前にリリースされている。10thアルバム『止まっていた時計が今動き出した』以外、バラードをラストナンバーに配置している。, 10/05 大阪CLUB QUATTRO[28] (大阪府)

キースマンハッタン 大丸 閉店, サーモス タンブラー 陶器, 救命病棟24時 第2シリーズ 4話 Pandora, Auto Clicker - Automatic Tap 使い方, ノースフェイス ポケッタブル たたみ方, Windows10 オフラインファイル 無効 グループポリシー, クレジットカード 利用明細書 楽天, ドラクエ5 スマホ 違い, 菅田将暉 パーマ 3年a組, サノス フィギュア レビュー, 日本史 資料集 比較, アリエル 天使 スピリチュアル, 森永製菓 インターン 2022, コブクロ 曲 古い順, マイクラ 動物 消える, Iphone メール 引用返信, レザークラフト 初心者 作品, アリエッティ スピラー 結婚, ビット コイン 仕分け, マイクラ 孤島 シード値 スイッチ, 川崎フロンターレ 2018 フォーメーション, ホリミヤ 12巻 ネタバレ, 亀梨 和 也 の奥さん, Python バージョン確認 できない, 205 60r16 ミニバン, ロールスクリーン オーダー おすすめ, Google Chrome 自動入力 Iphone, Teams カメラ 認識しない, ディズニープラス エラー 端末上限,